映画 アメリカンスナイパーネタバレ情報☆

サムネ59
この記事の所要時間: 97

映画「アメリカンスナイパー」のDVDとブルーレイが、

7月8日から発売されています。

 

価格は、DVDと

ブルーレイのセットで2,972円(価格.comより)

で販売されています。

 

TSUTAYAなどのレンタルショップでは、

2015年7月8日からレンタル開始しています。

 

今回は、映画「 アメリカンスナイパー」の概要と

あらすじ・ネタバレについてご紹介いたします。

 

購入またはレンタルしようか迷っている方は、

是非、当ブログを参考にしてくださいね♪

スポンサードリンク

 

映画「アメリカン・スナイパー」とは?

監督は、ミリオンダラー・ベイビーや硫黄島からの手紙など

大ヒット作品を多数手がけたクリント・イーストウッド監督。

映画 アメリカンスナイパーネタバレ情報☆

原作は、イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝

「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」

作者のクリス・カイルは、イラク戦争中に激戦地を転戦した。

映画 アメリカンスナイパーネタバレ情報☆

そして、160人を射殺し、

味方軍人達から「至上最高の狙撃手」

一方、敵軍からは「悪魔」と呼ばれ懸賞金までかけられた。

 

実際は、1人で200人近く殺したそう。

地獄を4回も経験しているので、

物語がメチャメチャリアルです。

 

興行成績で2億1700万ドルを記録し、

アメリカでの戦争映画 人気No.1の映画。

 

作者のクリス・カイルが

戦争中の実際の経験しているため、

描写や内容がリアルです。

 

戦争映画が好きな方には、おススメの作品。

 

映画「アメリカンスナイパー」の予告動画

映画 「アメリカンスナイパー」のネタバレを公開

ここからは、ネタバレになります。

アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)という放送が

繰り返し流される町を、

アメリカ海兵隊の戦車が

地響きを立てながら随伴歩兵と共に進撃していく。

 

初めから雰囲気あります。

まさにイラク戦争まっだだ中。

張り詰めた雰囲気。いつ銃撃戦が起こってもおかしくない。

 

戦車後方の建物の屋上では、

特殊部隊ネイビー・シールズの

スナイパーであるクリス・カイルが

スナイパーライフルを手に掃討作戦の様子をじっと見守っていた。

 

ちなみに、ネイビー・シールズとは、

アメリカ海軍の特殊部隊の名前です。

シールズは、英語で書くと、「SEALs」と書きます。

 

SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)と、

陸海空の頭文字から取られている。

名前の通り、陸海空で活躍できる超優秀な舞台です。

 

海兵隊の進路上に不審な親子を発見した主人公 カイルは、

母親が子供にRKG-3対戦車手榴弾を手渡すのを確認し、

上官に指示を仰ぐがはっきりとした答えは返ってこない。

 

母親が子供に手榴弾を渡すなんて・・・

子供が自爆したらどうするのでしょうか?

子供が死ぬのも覚悟の上なのでしょうか??

 

撃つのか撃たないのか。イライラするカイル。

隣の海兵隊員は

「間違ったら軍刑務所行きだぞ」と忠告するが、

カイルは子供に照準を合わせ引き金に指をかけた。

 

もはや普通の精神状態でいれない世界。

仲間を守るために、子供でさえも殺さざる得ない。

 

銃声と共に時代は遡り、カイルの幼少期へと戻る。

 

テキサス州に生まれ、厳格な父親に

狩猟を教わりながら育ったカイルは、

初めての狩りで鹿を仕留めた興奮から

ライフルを地面に置いてしまい叱られる。

 

自分を守るために決して、決して銃を置いてはいけません。

自殺行為になるのです。

 

また、カイルは正義感が非常に強く、

弟が苛められていたら相手が巨漢な男でも

体を張って助けていた。

 

そして時は経ち、

 

カイルは大人になり、カウボーイにあこがれ

ロデオに明け暮れ充実した日々を過ごしていた。

 

しかし、カイルの人生を大きく揺るがす事件が起こる。

 

その事件は、1998年に起きたアメリカ大使館爆破事件。

ケニアとタンザニアのアメリカ大使館が、

国際テロ組織 アル・カーイダによって爆破されたのです。

 

その残虐な事件をテレビで見たカイルは、

国を守ろうという愛国心から海軍に志願する。

 

スポンサードリンク

カイルの行動力凄いです。

思っていても実際に行動する人なんて

ほとんどいませんから。

 

30歳という年齢ながら厳しい訓練を突破して

特殊部隊ネイビー・シールズに配属される。

 

ネイビー・シールズの訓練は、相当厳しく、

20代前半から何度か受けて、

やっと合格できるくらい狭き門なのです。

 

30歳から受けて合格するなんて、

頭、体力、全ての面で相当優秀ではないと入れません。

 

カイルは、私生活でも「タヤ」と結婚して

幸せな日々を送っていた。

 

1998年のアメリカ大使館爆破事件から、

アメリカはアル・カーイダへミサイルを

放つなどの攻撃を開始。

 

そして、さらなる悲劇がアメリカを襲う。

 

2001年に9月11日アメリカ同時多発テロ事件が起きる。

この事件で、アメリカはアル・カーイダと本格的に戦争を始める。

 

ビンラディンを逮捕するために。

 

そして、ついにカイル自身も戦地である

イラクへと派遣されてしまう。

ここから、カイルは地獄のような経験をしていくのである。

 

イラク戦争へで狙撃兵として派遣されたカイルは、

当初、類まれな才能を開花させ次々に敵を銃撃していく。

 

素晴らしい仲間達に巡り合え、

早く戦争を終わらせようとしていた。

 

そして、カイルは順調に大きな戦果を挙げ、

ついには、軍内で慕われるようになり、

「伝説(レジェンド)」と称賛されるようになった。

 

一方、敵からは「悪魔」と呼ばれ

懸賞金をかけられるようになる。

 

懸賞金をかけられても、

皆同じ服装で、カイルを見つけること自体、

相当難しいと思うのですが・・

 

その後、カイルは最大の敵 ムスタフェと遭遇する。

ムスタフェは、元射撃のオリンピック選手で、

1000m先の敵を殺すことができる。

 

その後、ムスタフェと何度も命がけで戦っていく。

 

オリンピックと言えば

平和を象徴するイメージが強いのですが、

オリンピック選手が

戦争に参加するなんて、どうかと思います。

 

射撃種目自体をオリンピック競技から

外すべきではないでしょうか。

 

繰り返される凄惨な戦いで、カイルは戦友である

ビグルスが戦傷により視力を失い、

マーク・リーは戦死し、

自分を慕って入隊した弟は、

戦争で心に深い傷を負ってしまった。

 

その他にも、唯一心の拠り所だった仲間達が、

倒れてゆくさまを目の当たりにして、

カイルの心は徐々に病んでいく。

 

戦争に派遣された軍人のほとんどが、

心や体に大きな傷を負うそうです。

 

カイルは、戦地から帰国するたびに、

顔をやつれ、暴力的に

変わっていく夫に苦しむ妻のタヤ。

 

優しくて頼りがいがあり、子煩悩な夫が、

まるで別人のように変貌して帰ってくる。

 

元の姿に戻って欲しいと願うタヤと子供達。

家族の気持ちを考えると耐えきれません。

 

しかし、タヤと子供達の思いは叶わず。

3度目のイラク戦争から帰国してきたカイルは、

廃人のようになっていました。

カイルと家族は崩壊寸前。

 

そして、またまたイラクへ。

 

4度目のイラク派遣で

ムスタファを倒すという任務を受けたカイルたち。

そして、この派遣でカイルと

ムスタフェの戦いに終止符が打たれる。

 

最大の敵であるムスタフェを捕えたカイルは、

仲間に距離「1920m」と報告するが、

レンジャー隊員は見えるわけがないと疑う。

 

視力を失った「ビグルスのために」と放った一発の銃弾は

ムスタファを貫き、彼との長い戦いはついに幕を閉じたのだった。

全ての悪夢が終わったのだ。

 

カイルは、一息ついて妻のタヤに電話を掛ける。

そしてタヤに一言

「家に帰るよ」と告げて、

砂漠の上に、地面に置くなと父親に言われていたライフルと

大切にしていた聖書を置いて家族が待つ母国へ帰っていく。

 

「戦争は、全てを失くしてしまう」というメッセージが

込められている感じがしました。

スポンサードリンク

 

帰ってきたカイルは、なかなか社会になじめず、

やっとなじんで普通の生活が

できるようになったと思っていたのですが、

殺されてしまうという最後まで可愛そうな展開。

 

カイルの人生は、イラク戦争で全てがメチャメチャになりました。

 

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事に満足しましたら下記のソーシャルボタン

共有お願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る