ジュラシックワールドネタバレ情報!衝撃の結末とは!?

サムネ16
この記事の所要時間: 446

2015年8月7日に今話題の

「ジュラシックワールド」が公開されます。

 

一足先にアメリカで公開されており、

なんとモンスター映画として次々に

様々な記録を樹立していた

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

の興収収入を抜き今年公開の映画で第1位となりました。

 

映画アベンジャーズ エイジオブウルトロンのグッズを紹介

 

ジュラシックワールドネタバレ情報!衝撃の結末とは!?

 

今回は、一足先に

ジュラシック・ワールドのネタバレと

結末についてお知らせいたします。

 

ネタバレ情報になりますので、

ご注意くださいネ。

スポンサードリンク

 

ジュラシックワールドのネタバレ情報

古代に生きていた蚊を手に入れたジョン・ハモンドは、

蚊が恐竜の血液を吸っていたことに気づき、

恐竜のDNAを取り出すことに成功します。

 

そして・・・

ついに恐竜を現代に蘇生させた!

 

モハンド氏が経営している企業が、

イヌラ・ヌブラル島という無人島に

蘇生させた恐竜を集めたジュラシック・パークという

テーマ・パークを創ろうと計画しています。

 

しかし、蘇生した恐竜は野生に戻ると、

凶暴化し手がつけれなくなり

ジュラシックパークは壊滅する事になった・・・

 

それを軍隊が全勢力で恐竜達を殺し、

最悪の事態は免れたのですが・・・

 

ジュラシックワールド ネタバレ

 

その悪夢の事件から22年経った時

ハモンド氏が経営していた会社は経営難に

陥りマストラニ社に買収されてしまったんです。

 

しかし、この時も22年の事件以降もずっと恐竜の研究は、

水面下で進められていました。

 

マストラニ社の買収後も全面的に支援され、

恐竜の研究は続けられる。

 

そして、また恐竜を使ったアトラクションを

創ってしまのだが

今回は、新たな種の

恐竜をアトラクションにする事になる!

 

場所は、22年前と同じイスラ・ヌブラル島。

新たなテーマ・パークの名前は、

映画の題名である「ジュラシック・ワールド」。

今回のテーマパークのキャッチフレーズは、

 

世界一安全な

テーマパークへようこそ

 

22年前の大惨事は決して起こさないことを

誓うようなキャッチフレーズ。

 

スポンサードリンク

企業は、誠心誠意

ジュラシック・ワールドの安全面の

充実度を説明し、

開園日には大多数のお客さんが訪れる事になった!

 

しかし、極秘で創った新種の肉食動物が、

脱走するという最悪の事態に発展する事に・・・

 

非難のアナウンスをパーク内に伝えるが、

時すでに遅し。

 

新種の肉食動物 ティラノザウルスは凶暴化し

次々に人を襲う。

 

凶暴化している恐竜から、

人々は逃げることができるのか!?

 

ジュラシックワールド ネタバレ 結末は!?

ジュラシックワールド 結末

 

イスラ・ヌブラル島に

恐竜の研究のために訪れていた

 

主人公マルカムは、

恋人であるサラ、そして研究員達は、

アトラクションの異常に気づき救助に向かう。

 

しかし、ティラノザウルスが大暴れしており、

パーク内は壊滅状態。

 

マルカムと研究チーム、生き残りのハンター達は、

救助を求めるために通信センターを目指します。

 

しかし、パークから脱出した恐竜から

ハンター達が次々に殺されて行きます。

 

やっとの思いで通信センターについたマルコム、

研究チームの仲間は、救助を呼ぶことに成功。

 

これで助かったと思いましたが、

ジュラシックワールドの会長であるルドローが、

周りの反対を押し切り金儲けのために

新種のティラノザウルスを

1匹だけ捕獲して貨物船にのせた。

 

サンティアゴに無事到着したが、

麻酔がきれたティラノザウルスが

暴走し始める。

スポンサードリンク

 

ルドローは、

そのティラノザウルスに食べられてしまう。

 

マルカムとサラは、

ティラノザウルスの赤ちゃんを

貨物船に乗せて暴走する

ティラノザウルスをおびき寄せる。

 

そして、ティラノザウルスを

貨物船に閉じ込めることに成功。

 

その後、貨物船も自動運転で

イヌラ・ヌブラル島へ送り返しました。

 

そして、イヌラ・ヌブラル島は

人手に触れないように、

政府によって厳重に管理されることになりました。

 

以上、ジュラシックワールドネタバレ情報!と

衝撃の結末についてでした。

 

この記事に満足しましたら

下記のソーシャルボタンをクリックして下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る