インサイドヘッドが脳内ポイズンベリーのパクリって言われてるけど実際の所は!?

サムネ20
この記事の所要時間: 325

2015年7月18日に公開される

ディズニー映画「インサイド・ヘッド」が

話題になっています。

 

インサイドヘッドが脳内ポイズンベリーのパクリって言われてるけど実際の所は!?

インサイド・ヘッドとは、

コンピュータアニメーション3D映画で

人間の感情に焦点を当てた映画になります。

スポンサードリンク

 

一見、「ピクサースタジオの作品で、

普通におもしろそうな映画だな」

と思います。

 

なぜ、インサイド・ヘッドが

話題になっているかというと、

「ある映画のパクリじゃないか?」と

ネットでウワサになっているからです。

 

そのそっくりの映画とは、

「脳内ポイズンベリー」です。

 

今回は、実際に

インサイドヘッドが脳内ポイズンベリーの

パクリなのかどうかについてお伝えしたいと思います。

 

脳内ポイズンベリーとは?

インサイドヘッドが脳内ポイズンベリーのパクリって言われてるけど実際の所は!?
原作は、水城せとなさんの漫画で

2015年5月9日に真木よう子さん主演で

映画化もされました。

 

物語のあらすじは、

主人公である櫻井いちご(真木よう子)は、

30歳の女性で超優柔不断。

 

いちごは物事を選択する時に、常に脳内会議をしており、

頭の中には、理想の吉田、ポジティブ担当の石橋、

ネガティブ担当の池田、問題児ハトコ、書記の岸

この5人が物事を選択する時、毎回脳内会議をしている。

 

頭の中が常に大混乱中です。

 

いちこは男性にモテモテで、多くの男性が寄ってきます。

イチコの心は常に揺れ動くが、脳内会議で結論がでず、

結局恋人ができず・・・

 

誰でも考える選択を脳内会議を通して、

心の声を伝えていくバラエティー映画です。

 

インサイドヘッドのあらすじは?

主人公は、11歳の少女ライリー。

ライリーの頭の中には、ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、

カナシミという5つの感情たちが存在します。

スポンサードリンク

 

ある日、ライリーは父親の仕事の都合で、

サンフランシスコへ引っ越すことに・・・

 

幼いライリーは、突然知らない場所に連れてこられ、

都会の空気になじめずにいた。

 

そして、ついにライリーの心は不安定になり、

ライリーの頭の中の5つの感情たちが

暴れだした。

 

そして、最悪なことに、ヨロコビとカナシミが

消えてしまったのだ。

 

2つの感情を失くしたライリーを、

残っている3つの感情たちが必死に

助けるというストーリーになっています。

 

インサイドヘッドが脳内ポイズンベリーのパクリ?

オンサイドヘッド パクリ

インサイドヘッドと

脳内ポイズンベリーのあらすじをみる限りでは、

相当設定が似ています。

 

唯一違うのは、

主人公の年齢と悩む対象くらいでしょうか。

 

はっきり言って、パクリと言われても

否定できないレベルです。

 

どちらがパクったかという点については、

脳内ポイズンベリーの方が原作があり、

公開日が早いというところで、

ピクサースタジオがパクッたということに

なるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

しかし、あらすじだけで判断するのは、

早いと思うので7月18日に

公開されるインサイド・ヘッドを

実際に見て判断した方が確実でしょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事に満足しましたら

下記のソーシャルボタンをクリックして下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

    • 通りすがり
    • 2015年 9月 13日

    > はっきり言って、パクリと言われても
    > 否定できないレベルです。
    >
    > どちらがパクったかという点については、
    > 脳内ポイズンベリーの方が原作があり、
    > 公開日が早いというところで、
    > ピクサースタジオがパクッたということに
    > なるのではないでしょうか。

    この辺の話を書く時は、特に英語圏のサイトも調べた方がいいと思います。
    ピクサーは脳内ポインズンベリーなんてパクって無いですよ。

    何故なら(日本では全然知られていませんが)もっと前、公開日の差どころか、
    24年も前に、アメリカで5年近く放送されていた「Herman’s Head」と言うドラマがあります。
    調べて見て下さい。ピクサーが意識しているとしたら、むしろこのドラマの方だと思いますよ。

    むしろ、脳内ポイズンベリーの方が、このドラマをパクってるんじゃないかなってくらいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る