アベンジャーズ エイジオブウルトロン ネタバレ 感想まとめ

サムネ28
この記事の所要時間: 434

7月4日に全国ロードショーで公開される

「アベンジャーズ エイジオブウルトロン」

今回も数々の記録を樹立できるのか!?

 

今回は、アベンジャーズ エイジオブウルトロンの

ネタバレと視聴者の感想をまとめみてみました。

スポンサードリンク

 

アベンジャーズ エイジオブウルトロンのネタバレを公開

ここからは、エイズオブウルトロンのネタバレに

なりますので、ご注意を。

今回のラスボスは!?

今回のラスボスは、

なんと言ってもウルトロン!

 

アベンジャーズ エイジオブウルトロン ネタバレ 感想まとめ

 

見るからに強そう・・・

実際に最強です!

 

ウルトロンが生まれた経緯などについては、

後程ご紹介いたします。

 

あらすじ・ネタバレ

アベンジャーズは、ロキの杖を使ってやりたい放題、

悪事を繰り返していたヒドラ党を倒しに行きます。

 

ちなみに、ヒドラ党とは

キャプテンアメリカ・ウィンター・ソルジャーで

闘った悪の秘密結社。

 

アベンジャーズは、

難なくヒドラの残党を倒します。

 

しかし・・・

 

帰り際にスカーレット・ウィッチから

スタークが滅亡した世界を見せつけられる

基地に戻ってきたトニー・スタークとブルースは、

回収したロキの杖をチェックしていた。

 

アベンジャーズ ロキの杖

 

すると、驚くべき事実がわかります。

なんと!

ロキの杖に人工知能が隠れていたのです。

 

早速、スタークは、この人工知能を早速分析すると、

高度な人口知能だということがわかりました。

スポンサードリンク

 

スタークスは、この人口知能を使ったロボットを作り

世界平和を守ろうとブルースへ提案します。

 

アベンジャーズ スターク

 

しかし、ブルースは人口知能が強力過ぎるため断固反対。

 

スタークはブルースの助言を無視して、

人工知能の研究を進めます。

 

スタークは、全く人のアドバイスを聞かないからね

スタークは、人工知能をウルトロンと名付けました。

 

ウルトロンを使ってロボットを作る研究をしていると、

ウルトロがン強力過ぎてプログラミングを担当する

別の人工知 J.A.R.V.I.S.を圧倒し始めました。

 

ついには、J.A.R.V.I.S.の人工知能は鎮圧し、

自らの肉体を自分で作り始めたのです。

恐ろしい知能です。

はるかに人間の知能を超えている。

 

そして、

ついに恐れていたことが起きました。

 

人間の知能より発達していると気づいた

ウルトロンは人間が必要ないと思い始めたのです。

 

人間を殺そうと企て始めました。

人類の役に立てるはずだったウルトロンが、

人類の敵となってしまったのです。

 

アベンジャーズは、力を合わせて

暴走するウルトロンを倒そうとしますが、

全く通用せず。

 

最終的に、アベンジャーズは一致団結し、

ウルトロンと死闘の末勝利します。

 

人類を救ったアベンジャーズですが、

人々の目は冷ややかでした。

 

それもそのはず、

ウルトロンを作ったのは、

アベンジャーズであり、

アベンジャーズが作ったウルトロンで多くの人が

亡くなったという事実があるからです。

スポンサードリンク

 

アベンジャーズは解散してしまうのか!?

 

アベンジャーズ エイジオブウルトロン 感想は?

アベンジャーズ エイジオブウルトロンを

すでに観た方の感想をまとめてみました。

 

皆さん、「面白かった!」

とコメントされている方、

凄く多かったです。

 

アクションについては、CGと生身のアクションで

生身のアクションが結構多いようです。

 

キャラ設定は、アベンジャーズならではで

今回も登場人物が多いそうですが、

破綻しない奇跡のバランス。

 

一定皆の人物に偏らず、

全員に見せ場を作っているそうです。

 

物語のストーリーを崩さず、

全てのキャラに見せ場を作るって

相当難しいハズなのに。

 

アベンジャーズ全員が揃うシーンは、

凄くカッコいいそうです。

 

アベンジャーズ 全員集合

 

感想をみれば見るほど、好評のコメントが多く、

評価が高い映画です。

 

少しでも気になる方は、

是非劇場へ足を運んでみてくださいね。

 

 

この記事に満足しましたら下記の

ソーシャルボタンで共有お願いします。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る