映画ジェイソンボーンのあらすじとネタバレを詳しく解説!

マッド・デーモン
この記事の所要時間: 1349

マット・デイモン主演『ジェイソンボーン』の最新作がついに到着!今作は、作家ロバート・ラドラム氏のベストセラーを原作に、斬新なアクションシーンで大人気となった「ボーンシリーズ」の続編になります。いち早く公開された全米では、初登場1位を獲得。人気シリーズとあって注目度もかなりいです!

5作目になる今作は、果たしてどんな内容になっているのでしょうか?今から公開が楽しみですね♪

ファン待望の映画『ジェイソンボーン』は、2016年10月7日(金)公開です。今回は、気になる『ジェイソンボーン』のキャスト情報や、ネタバレ情報をご紹介します!是非ご覧ください♪

スポンサードリンク

あの人気シリーズが帰ってきた!

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://matome.naver.jp/odai/2141091659767647201

冒頭でもご説明した通り、今作でボーンシリーズは5作目になります。前作の『ボーン・レガシー』(2012年)からは4年が経ちます。最新作を確認する前に、過去のボーンシリーズを振り返ってみましょう!

ボーンシリーズの振り返り

まず、これまでのボーンシリーズの作品をご紹介します。

『ボーン・アイデンティティー』(2002年)

『ボーン・アイデンティティー』(2002年)画像引用元:http://20050509.at.webry.info/201012/article_1.html

『ボーン・スプレマシー 』(2004年)

ボーン・スプレマシー

画像引用元:http://20050509.at.webry.info/201012/article_6.html

『ボーン・アルティメイタム』 (2007年)

ボーン・アルティメイタム画像引用元:http://tadaeiga.com/

『ボーン・レガシー』 (2012年)

ボーン・レガシー画像引用元:http://ucharake.blog.fc2.com/blog-entry-263.html?sp

主役のジェイソン・ボーンを演じるのはマット・デイモンです。マット・デイモンは、2012年公開の『ボーン・レガシー』以外の3作品には、全て出演しています。マット・デイモンの9年ぶりのボーンシリーズの復帰で、進化したジェイソン・ボーンを堪能しましょう!

監督は、1作目がダグ・リーマン監督、2、3作目がポール・グリーングラス監督、4作目がトニー・ギルロイ監督となっています。そして、今作の『ジェイソンボーン』は、ポール・グリーングラス監督となっています。

また、4作品すべての脚本は、トニー・ギルロイが担当しています。

ボーンシリーズ あらすじの簡単な振り返り

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://rrmat288.exblog.jp/20745915/

ボーンシリーズは、心因性健忘(記憶喪失)に苦しむ架空の元CIA暗殺者、ジェイソン・ボーンを主役としたスパイ映画です。(作家・ロバート・ラドラム)1作目『ボーン・アイデンティティ』から3作目『ボーン・アルティメイタム』では、記憶をなくしたマット・デイモン演じるジェイソン・ボーンがCIAと対峙して事件に巻き込まれていく姿を描いています。

最終的に自分の過去と本名がデビッド・ウェブであることなど、全ての記憶を取り戻したところで映画は終了、一段落します。

3作目『ボーン・アルティメイタム』で映画は最終章と思われましたが、トニー・ギルロイが4作目『ボーン・レガシー』の脚本を執筆しました。そこで完成した、4作目『ボーン・レガシー』では、マット・デイモンが出演しておらず、ボーンも登場していません。

4作目では、ボーンと同じようにCIAと国家の陰謀に巻き込まれたエージェント、アーロン・クロスが主役となっています。アーロン・クロスは、ジェレミー・レナーが演じました。

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://movies.yahoo.co.jp

5作目である本作は、マット・デイモンが3作目『ボーン・アルティメイタム』以来、9年ぶりの復帰。

マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンが、自身の過去について隠された真実を探るため、新たな事件に挑んでいくというストーリーになっています。

『ジェイソンボーン』のキャスト情報

『ジェイソンボーン』のキャスト情報をご紹介します。注目はやはりマット・デイモン!9年ぶりの復帰に期待が持てます。マット・デイモンの他には、オスカー女優のアリシア・ヴィキャンデル、トミー・リー・ジョーンズ、バンサン・カッセルら豪華キャストが集いました。

今まで語られなかったボーンの過去をめぐる戦いを豪華キャスト陣がどう演じるのか、注目しましょう!

マット・デイモン ジェイソン・ボーン

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://beagle-voyage.com/movie-review-jason-bourne-2016.html

1970年生まれ(45歳)。

『プライベート・ライアン』(1998年)、『オーシャンズ11』(2001年)、『インビクタス/負けざる者たち』(2009年)など数々の作品で主演を演じています。俳優だけにとどまらず、脚本なな制作サイドにも携わります。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年)では、アカデミー賞脚本賞を受賞。今作でも脚本を手がけています。4作目の『ボーン・レガシー』(2012年)以外はすべてのシリーズに出演しています。やっぱり『ボーンシリーズ』と言えばマット・デイモンですよね!

トミー・リー・ジョーンズ  ロバート・デューイ

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:https://cinema.ne.jp/news/jasonbourne20160901512/

1946年生まれ(70歳)。

1970年『ある愛の詩』で映画デビュー。今年70歳になったベテラン俳優です。『メン・イン・ブラック』シリーズのエージェントKのほか、日本ではサントリーのBOSSレインボーマウンテンのCM「宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ」に出演しています。

今作がシリーズ初出演となるトミー・リー・ジョーンズ。映画では、ボーンと敵対関係にあるCIAの長官を演じます。

アリシア・ヴィキャンデル  ヘザー・リー

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://www.cinemaniera.com/movie/25724/jason_bourne_scene

1988年生まれ(28歳)。 スウェーデン出身の女優。

『アンナ・カレーニナ』(2012年)、『戦場からのラブレター』(2014年)、『リリーの全て』(2015年)などに出演し、演技力が高く評価されています。『リリーの全て』で第88回アカデミー賞に初ノミネートされて助演女優賞に輝きました。

今作では、新たにヒロインを演じ、トミー・リー・ジョーンズ演じるCIA長官とタッグを組みます。

ヴァンサン・カッセル 作戦員・アセット

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://top.tsite.jp/entertainment/celebrity/i/25361457/

1966年生まれ(49際)。フランス出身。

『オーシャンズ』シリーズや『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男』などに出演。ハリウッドでも活躍しています。ヴァンサン・カッセルも新キャラクターで登場します。

ジュリア・スタイルズ  ニッキー・パーソンズ

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://top.tsite.jp/entertainment/celebrity/i/27195692/

1981年生まれ(35歳)。

『プラトニック・ゲーム』(1996年)の端役で映画デビュー。ジュリア・ロバーツ主演の『モナリザ・スマイル』(2003年)などにも出演しています。ボーンシリーズには、マット・デイモン同様、最初の3作に出演しています。

スポンサードリンク

ボーンの再登場に伴ってCIA支局員、ニッキーも再登場した形です。

監督:ポール・グリーングラス

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:https://cia-film.blogspot.jp/2013/08/bourne.html

1955年生まれ(61歳)。

『ブラディー・サンデー』(2002年)でのダイナミックな演出が高評価を受けます。2006年の『ユナイテッド93』で英国アカデミー賞監督賞を受賞した経験ある監督です。

マット・デイモン同様、3作目『ボーン・アルティメイタム』以来の復帰を果たします。マット・デイモンとの絆も深く、今作の構想を2人で練ったそうです。

『ジェイソンボーン』のあらすじネタバレ情報

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://ciatr.jp/topics/120103

ここからは、『ジェイソンボーン』のあらすじネタバレ情報をご紹介します。3作目の『ボーン・アルティメイタム』では、ボーンが過去の記憶を取り戻したところで終わります。今作は、その続きからになります。

映画としては、3作目から9年が経ちました。果たしてどんなストーリーになるのでしょうか?ネタバレ情報を含みますのでご注意ください。

5作目である本作ではジェイソン・ボーンが、自身の過去について隠された真実を探るため、新たな事件に挑んでいきます。

『ボーン・アルティメイタム』から数年後・・・

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://ciatr.jp/topics/120103

『ボーン・アルティメイタム』での結末を迎え、数年間行方知れずになっていたジェイソン(マット・デイモン)は、地下格闘技の世界で生計を立て、なんとか生きていた。一方そのころ、アイスランドにいたCIAの元同僚ニッキー(ジュリア・スタイルズ)は、CIAの犯罪を暴くため、ハッカーグループと組んでCIAのメインサーバー・秘密文書をハッキングする。

ハッキング成功により、CIAが世界監視・操作システムを作動させたことに関する極秘情報を入手することができた。そこには、ジェイソンボーン自身も知らない秘密が隠されていた!

極秘情報の内容とは?

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://www.fashion-press.net/news/21705

ニッキーが入手した極秘情報の中には、衝撃の内容が隠されていた。

  • ジェイソンボーンがどのような経緯でCIAメンバーに組み込まれたのか。
  • 「トレッドストーン」計画によって暗殺のスペシャリストに訓練されたこと。
  • ジェイソンボーンの父親が裏で作戦に関わっていたこと。

このような内容が含まれていた。

ニッキーはその事実をボーンに知らせるべく、彼が滞在しているとみられるギリシャへと向かう。しかし、それを察知したCIAがニッキーを追い、ギリシャでの抹殺を指示。ニッキーとボーンは、ギリシャで起きていた紛争に紛れて接触。

しかし、ニッキーは、CIAの暗殺者であるアセット(ヴァンサン・カッセル)たちと鉢合わせ、一触即発の状態に。衰えぬ戦闘力で次々に敵を打ち倒したボーンは、警官隊からバイクを奪い取り、ニッキーを乗せて道路を疾走する。

しかし、アセットが放った銃撃が致命傷になり、ニッキーは命を落としてしまします。生き残ったボーンは、死の直前にニッキーからロッカーの鍵を受け取ることに成功。その後ボーンは、過去に起こった自分の真実を探るため、ベルリンへと向かう。

ボーンは極秘情報の中身を見て真実を知る。そして再びジェイソンボーンの闘いの日々が始まるのであった・・

ジェイソンボーンによる極秘情報の解析

ジェイソンボーンによる極秘情報の解析画像引用元:http://www.tadamonkugaiitakute.com/15268.html

極秘情報を手にしたジェイソン・ボーンは、ニッキー・パーソンズが活動していたハッカーグループのトップの居場所を突き止める。ジェイソン・ボーンはベルリンで、CIAの極秘資料の復元を試みる。しかし、それは失敗に終わる。

データは完全に削除された上、復元を試みた過程でCIAに居場所がばれる結果となった。一方でラングレーではCIA長官デューイの強引な手法に反発を抱いていた新人・CIA局員リーが、暗殺者の襲来を遠隔でジェイソン・ボーンに伝えていた。

削除される前に閲覧した資料から「トレッドストーン」計画の真相に近づいたジェイソン・ボーン。自分の父親、リチャ―ド・ウェブ(グレッグ・ヘンリー)が、CIA職員で「トレッド・ストーン」計画を作った本人だったという事が判明する。

さらにボーンは、父親の同僚だった男・マルコム・スミス(ビル・キャンプ)がロンドンにいることを突き止める。一方、追跡を任されたCIAエージェントのリーは、ボーンを組織に取り込むことを画策する・・

父との間に隠された秘密とは?

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://ciatr.jp/topics/198989

ロンドンに着いたジェイソンボーンは、父親の同僚だった男・マルコム・スミスと接触。自分の父親が死んだ真相を突き止める。ボーンの父親が死んだ真相は、「トレッドストーン」計画から息子であるジェイソンを守るためだった。

そして、父親抹殺を命令した人物こそがCIA長官のデューイだったのです!父親が自分を守ろうとしてCIAに殺されたことを知ったジェイソン・ボーンは、デューイを追いつめるために、アメリカのラスベガスに向かう。

そこでボーンは、デューイに反発心を抱いていたリーと協力しデューイを追いつめていくのだった・・・

デューイとの決着へ!

ボーンは、リーのサポートを受けながら、ラスベガスに到着。ラスベガスでは、デューイが出資した会社のCEOであるアーロン・カロール(リズ・アーメッド)との会議が行われていた。デューイは、「トレッド・ストーン」計画の生まれ変わりともいえる新たな計画「アイアン・ハンド」にこの会社を利用しようとした。

しかし、CIAに利用されることを拒んだアーロンは、デューイの要望に応えなかった。依頼を断られたデューイは、暗殺者のアセットにCEO・アーロンと、ボーンを密かに助けているリーも暗殺するよう指示する。

アセットは、会議場でアーロンに襲撃されるも一命をとりとめる。会場が騒然としている間に、ボーンとリーは、デューイに接近。リーにより、デューイは暗殺される。その後、ボーンはアセットを車で追いかけ、カーチェイスの末にアセットを殺害する。

決着後のボーンは?

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://eiga.com/movie/84297/gallery/

後日、ヘザーは上司にボーンをCIAへ呼び戻した方が良いと説得する。リーは、「自分はボーンから信頼されているので問題ない」と話すが、上司から「仮にボーンがその依頼を断った場合にはどうするのか?」という問いに対して次のように答えた。

「その際は殺害する」

その後、ボーンと落ち合ったリーはCIAへ戻ってくるよう説得をするが、「検討する」と答えたボーン。その後姿を消した。リーは、落胆しながら自分の車へ戻ると、レコーダが置いてあった。

レコーダーを再生すると、先ほどのヘザーと上司の会話が録音されており、ボーンからの信頼を完全に失った事が分かったヘザーだった。

まとめ

ジェイソンボーン ネタバレ

画像引用元:http://eiga.com/movie/84297/photo/

映画『ジェイソンボーン』は、マット・デイモンの復帰作とあって、注目したい作品です。9年ぶりの復帰なのでやはり年をとったな~と感じますが、アクションシーンは以前と変わらず迫力があります!

そんな迫力のアクションシーンを是非劇場で楽しんでください!映画『ジェイソンボーン』は、2016年10月7日(金)公開です。

以上、映画ジェイソンボーンのあらすじとネタバレを詳しく解説!でした♪

「いいね!」を押すと映画最新情報から最新情報が届きます!



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る