ジブリ作品コクリコ坂からのネタバレ!原作で最後のシーンはどうなる?

コクリコ坂から ネタバレ
この記事の所要時間: 1253

今回は、ジブリ作品の映画コクリコ坂からのネタバレ情報を介していきたいと思います。ジブリ作品には人気の映画も多く今回紹介する「コクリコ坂から」も賛否両論はありますがいちど見てみる価値はある映画です。

2016年8月に金曜ロードショーで放送されることが決定しましたので一足早く映画の内容を解説していきます。まだネタバレ情報等を知りたくない人は、ここでストップしてください。

スポンサードリンク

「コクリコ坂から」あらすじネタバレ情報

コクリコ坂から ネタバレ

時代背景は1963年の横浜が下になっています。下宿屋を営んでいるコクリコ荘。ヒロインの松崎海の朝は早い。みんなが見ている中にむき出し急いで髪の毛を三つ編みにまとめます。階下に降りて父の写真に花を添え水を変えます。

そして松崎海にはもう一つ欠かせない日課があります。それは海に向かった庭に立つ信号旗を掲げることです。この行為の意味は「航海の安全をを祈る」という意味があるそうです。そしてその内を通るタグボートには、風間俊が乗っていました。風間は父親が乗るタグボートに乗り学校に登校する際に使用していました。

風間はタグボートから「ありがとう」の信号旗を掲げていましたが海のいる今からは確認することができませんでした。そして海が台所でかっぽうぎに着替え、朝食の準備を始める頃やっとコクリコ荘の住人が徐々に起き出してきます。

考古学研究部と文芸部が一緒になった部室の中には風間俊と水沼史郎がいました。空は風間俊にサインをねだりました。その時海は手に起用していた風間の手を見て代わりにガリ版切りを手伝います。空が水沼史郎に送られて帰ったので部室の中には俊と海だけになってしまいました。

その空間には2人だけの静かな時間が流れます。家に帰った海は夕食のカレーを作るのに未来を買い忘れたことに気づきます。海は妹たちにお使いを頼みましたが、断られたので肉屋まで走っていくことにします。そんな時、自転車に乗った風間俊に出くわしました。

コクリコ坂から ネタバレ

海は風間俊の自転車の後ろに乗って肉屋までの坂道を降りていきます。そこで風間俊が海にコロッケをおごってくれました。翌朝のコクリコ荘では広小路が起きてきていません。画学生である広小路は昨夜、大作を書き終えたばかりでした。起こしに行った海は広小路の解体を見て息を呑みます。

その絵は、燃えるような色彩で描かれた朝焼けの中に信号旗を上げた小さなタグボートが浮かんでいる絵でした。広小路の話によると海が庭の信号旗を上げると、海に入る船が旗を上げるのが2fの広小路の部屋からは見えるけど、海のいる1階の庭からは見えないそうです。

港南学園の体育館では旧校舎の建て替えをめぐって集会が行われていました。その集会は白熱化していました。海は風間俊に集会の参加を誘われましたか家事があるといった言ってありましたが、どうしても気になってしまい入り込んでしまいます。

そして全校アンケートの結果が発表されましたがなんと80%が建て替えに賛成の結果でした。建て替えの反対派である風間俊は、少数派でしたが反対派を先導して一悶着起こしているようでした。賛成派と反対派は双方入り乱れて言い合いをしていました。

海は風間俊に旧校舎の建て替えに賛成派が多いのは、建物が汚いからだと言いました。旧校舎を掃除することでみんなの意見も変わるのでは?と意見しました。そして同時に旧校舎の大掃除を提案しました。

一方コクリコ荘では研修医として赴任先が決まり旅立つ北斗の為に送別会が行われていました。その送別パーティーには風間俊と水沼史郎達も呼ばれていました。

コクリコ坂からのネタバレ情報!感動の結末

送別パーティーでは、男は男同士で討論をし女は女同士で固まってガールズトークを繰り広げていました。その時風間俊は海にコクリコ荘の中を案内されていた。コクリコ荘は名人掛けられた洋館でこの家の主である母方の祖父は医者でした。この家の娘である母は船乗りの父とは結婚を反対されて、駆け落ちをし別の場所に世帯を持っていました。

ですが朝鮮戦争時に父の乗った船が沈んで父はそのまま行方不明になりました。

そして残された海達家族は母方の実家であるコクリコ荘出戻りしたのです。そこで海がなぜ毎日信号旗をかけているかの謎が解けます。それは父が行方不明になり勝手に越してしまったことを心配してもし父が帰ってきても海から見えるように、海は毎日欠かさずコクリコ荘から信号旗をかけていたのでした。

そして海達の父「沢村雄一郎」という名前と商船大学時代の担任が並んで写る写真を見て風間俊は大きな衝撃を受けました。
しかしその風間俊の同様に海は気づいていません!

帰宅した風間俊はちゃぶ台で晩酌をしている父親の横を通り抜け戸棚からアルバムをさっと引き抜き自室にこもりました。沢村雄一郎海の父親の名前を繰り返す俊・・・

ある日の朝、タグボートの中で風間俊は父親の風間昭雄にこんなことを尋ねていました。沢村雄一郎って言う人が俺の本当の父親なんだよね?しかし風間昭雄は「お前は俺たちの子供だ」という今までに繰り返してきた話を繰り返しました。

しかしやがて口を開く父・・・風間夫婦は戦争終わったとき生まれたばかりの赤ん坊なくしていました。そこに親友の沢村雄一郎が「みなしご」の赤ん坊を抱えてやってきました。母は奪い取るようにして赤ん坊に父を含ませた。

その後、沢村雄一郎は朝鮮戦争の時に遭難しました。しかし沢村はずっと家のもの家に赤ん坊の(風間俊)ミルク代を食ってくれていました。それでも風間の父親は風間俊に対して「お前は俺たちの子供だ」と言い風間俊も静かに頷きます。

港南学園の部室棟では女子達が大掃除を始めていました。いつからこのままだったのかわからないくらいの多くのガラクタとゴミが運び出されゴミ穴に持ち込まれて燃やされました。その過程では過去の遺産も多く発見されます。

一方、海の妹の空と水沼はいい感じになっていました。しかし風間俊は「頭の中にある疑念」が離れず海に対して他人行儀になっていました。そして急によそよそしくなった風間俊を見て不思議に思う海・・・

コクリコ荘では研修医の北斗が静かに旅立っていきました。その時北斗は「風間君とうまくいくといいね」と海言いました。その言葉に海は静かに頷きました・・・

そして旧校舎は大掃除をしたことで補修、修理、外観の理解まで行われ生まれ変わったようにきれいになりました。しかしその中でも風間俊は海に対してますます普通に接することができなくなりました。

そんな中で海はついにある日松崎俊を待ち伏せし「嫌いになったらはっきりそう言って」と問い詰めます。風間俊は黙って海に、海の家の書斎に会ったのと全く同じ写真を差し出します。その写真は3人の学生が並んで写っている写真です。

ですがこの写真は熱田騎手が自分の家から持ってきたものだといいます。その言葉に海は理解できずに「どういうこと?」とすだちに尋ねます。松崎俊は自分たちは姉妹だったことを告げます。そしてそれは松崎俊は市役所にまで行って戸籍を確認したから間違いないと言うことです。

その言葉に海は混乱し、どうしたらいいのかと道が松崎俊は「今まで通りただの友達が」 言いますが海は立ち尽くします。海は夢を見ていました。夢の中では母が帰ってきていて台所には母の作った食事の温もりがありました。そして庭の方からは父の呼ぶ声が聞こえます。「大きくなったなぁ・・・」私の大きな腕に抱きかかえられ泣く海・・・

海は目が覚めると夜が明けていました。そして寝ながら泣いていたのだ。

スポンサードリンク

そんな中、水沼は旧校舎の恋さんでも理事会で決まったと報告してきました。旧校舎をきれいに生まれ変わらせた生徒達からすると、まさに絶望的な状況でした。そこで校長室に押しかけようとしましたが、それよりも学園の経営者である理事長に直談判した方が良いう話になりました。

しかし南港学園の理事長は東京で大手出版社を営む実業家だったので普通の高校生が押し掛けても話を聞いてくれる可能性は非常に少ないのです。ですので逆にアポなしで正面突破と言う考えになりました。風間俊と水沼に加え「メルも来てくれ」と海が指名を受けました。

そして海が帰宅すると、母の良子がアメリカから帰国していました。面食らう海・・・そして母は、ますます美しくなっていました夜荷物の整理をしていた母に、海は尋ねます。学校の風間俊の事、そしてその人の父親が沢村雄一郎らしいと言う事・・・母はちょっと戸惑いながら、「ちょっとややこしい話かもしれないわね」と切り出しました。

母の話をまとめるとこうなります。船乗りである父との結婚を反対されていた母たちは、医者である実家(現在のコクリコ荘)を出て神奈川県川崎市の狭い賃貸に住んでいました。父は船乗りですので航海に出ていることが多く、長寿を目指していた母は、海を妊娠しているのにも関わらず、学校に通っていました。

そんなある日、父は赤ん坊を抱えて帰ってきました。父は「友人の立子の子」だと言います。立花は引き上げ船に乗っていましたが事故で亡くなってしまいその母親も出産の時になくなってしまいました。そして赤ん坊の親戚は、ほとんど原爆で残っておらず放っておくと孤児院に行くことになるので勝手に役所で「自分の子」だと届け出てしまっていたというのだ。

実は戦争が終わったばかりの混乱期には、このようなことが多くあったそうです。

しかし母はお腹が大きく、しかも父は船乗りでほとんど家には1人だったので赤ん坊を育てるのには無理がありました。そんな時に子供を亡くしたばかりの風間夫婦に赤ん坊を引き取ってもらったそうです。ですので戸籍上は沢村雄一(海の父親)が実の父と言うことになっているみたいです。

本当の真実を聞いて海はこらえていた感情が爆発して大泣きしてしまいます。母はそのことを理解したらしく「その子のことが好きなのね・・・」と言いました。

翌日、桜木町の駅で待ち合わせ3人。みんなで電車に乗り大都会東京の中心地へ向かいます。このときは日本の高度経済成長期で東京は非常に賑わっていました。新橋のビルにつくと秘書らしき女性にアポなしでの面会は非常に迷惑がられましたが会えるかどうかは分からないが、とにかく待つように指示されました。

3人の前にはいろんな人が行きかい夕方前まで待つことになりました。やがて奥の社長室のドアが開社長がついに姿を現したのです

社長は豪快で人の良さそうな男性でした。社長に直談判してみるとその場でスケジュールを調整してくれ3人には翌日旧校舎の見学に行くことを約束してくれました。3人は成果を手にして喜んで帰ることになります。そこで気をきかせてくれた水沼は叔父のところに寄って行くと言って、風間俊と海を二人っきりにしてくれたのです。

帰り道海は俊に「たとえ血が繋がっていても兄妹でも、風間さんがずっと好き。」と自分のストレートな感情を伝え告白しました・手を握り合ってサヨナラする2人・・・・

コクリコ坂から ネタバレ

翌朝、海は元気な姿になっておりやっと普通の女子高生に戻ったようです。海が登校した後に良子はどこかに電話をかけていました。そして電話の内容からすると喫茶店で待ち合わせをするという内容でした。その相手はなんと風間の父・風間昭雄だったのです。

翌日多くの学生が出迎える中理事長は約束通り旧校舎にやってきました。理事長は物質を構える部員たち1人1人に質問をしていきました。みんな癖があって個性的ではありますが学生らしく素直な受け答えをする部員たちと生まれ変わった旧校舎の建物を理事長は大いに気に入りました。

そんな時風間俊は父から電話を受けていました。その電話の内容は、沢村雄一郎、立花そして最後の1人、小野寺が今からすぐ外国航路に出向してしまうと告げる電話でした。小野寺はタンカーの船長で俊と海の出産について確かな情報持っている人物です。そして会って話を聞きだすなら今しかないと言うわけだ!

一方旧校舎は理事長も非常に気に入り取り交わす事をやめ存続させることを決めてくれました。一斉に歓声が上がる生徒達・・・そんな中で俊が突然出海に「一緒に来てくれ」と大歓声の中連れ出していきました。

コクリコ坂からのネタバレ情報!感動の結末

コクリコ坂からのネタバレ情報!感動の結末

港に着くと巨大なタンカーが今にも出向しそうな状況でブリッジの人に話を聞いてみると出向の15分前と教えてくれました。そんな時に一緒に写真に出ていた小野寺を見つけたのです。

そして小野寺にあの写真を見せました。小野寺は風間氏に向かってはっきりとこう告げるのです。
「君の父親は立花だ!」

「私たちは親友だった。君のご両親が亡くなったとき、私は海に出ていた・・・そうでなかったら私だって沢村と同じことをしていたと思う。」

立花は戦争直後に引き上げ船の中で事故で亡くなってしまい俊を身ごもっていた妻も俊を姫出産したときになくなってしまったそうです。その赤ん坊を沢村が引き取り、自分の戸籍に入れてしまいましたが、赤ん坊を育てる事は困難だったので風間夫婦に俊を託したそうです。

これが原因で風間俊の戸籍は沢村から風間に移り、実の父の名前はどこにもなかったのだ。そして海たちの父親沢村も仕事の最中に船が爆発して遭難した。(おそらく死亡している)つまり風間俊の実の父親は演奏後すぐに亡くなっていました。そして海との血のつながりもないことがこれで判明しました。結局、風間俊と海は、親同士が親友の子供どうしと言うことです。

小野寺は目を潤ませ「立花と沢村の息子と娘に会えるなんて嬉しい」ありがとうと2人に伝え2人と握手を交わしました。

コクリコ坂からの感想

コクリコ坂からの感想コクリコ坂からの感想についてですが、やはり1番に感じたのは、最後のシーンで海と風間俊が兄妹ではなかったというオチの部分ではないでしょうか?

他の方も感じている人は多いと思いますが、あれだけ兄弟かもしれないと引っ張っておいてネタバレの部分が雑すぎるように少し感じました。そして時代設定も戦後の昭和初期ということで、現代と違いすぎる部分が目立つところもありました。

これを言ってしまえば映画の内容を全批判するように見えるのですが、時代背景が現在と違いすぎて共感できる部分が少なかったように思います。というよりも昔の事を全然私が理解できていないのが原因かもしれませんが、そう感じている人もいるのではないでしょうか?

ジブリ作品は基本的に好きな作品が多いのですが、今回のコクリコ坂からは、あまり個人的には好きな映画ではありませんでした。ですがもう少し年輩の方ですと共感できる部分も多く、楽しみながら見ることもできる人が多いと思います。コクリコ坂からは今週の金曜ロードショーで放送されることになっていますが、もう一度観た方も是非この機会に見てみると良いと思います。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る