秘密 THE TOP Secret ネタバレ情報を詳しく解説!

映画 秘密 THE TOP Secretの感想!
この記事の所要時間: 743

「るろうに剣心」シリーズ3作で累計興行収入130億円突破の大ヒットになった大友監督の新作ということで注目されている「秘密THE TOP Secret近未来の日本を舞台にMRIスキャナーによって暴かれる犯罪とそれに翻弄される「第九」メンバーの苦悩と葛藤を描いたSFサスペンス

スポンサードリンク

原作は10年間以上連載され2012年に完結した少女漫画(単行本全12巻)

秘密 THE TOP Secret

少女漫画と言いつつも、恋愛要素はほぼゼロで人間の心理に深くメスを入れた異色の作風が人気の作品です。映画では単行本9巻後半から始まる最後のエピソード「2010 END GAME」や、作中で重大な意味を持つ一連の「貝沼事件」あたりが映像化されているようです。

この設定と似た作品で監督ダグラス・トランブル、主演クリストファー・ウォーケンのSF映画ブレインストーム(1983年公開)を思い出したのですがこの映画では人間の記憶・知覚を他人に伝達するヘルメット型マシンを被るとその人の見た映像を他の人も体験できるというシステムが開発された近未来の話です。開発メンバーのリリアンは、1人で研究中に心臓発作に襲われ死を悟ったリリアンは懸命にブレインストームを起動し、死の瞬間を記録にとどめつつ逝ってしまいます。
彼女の死を契機として、軍が研究室を占拠し、軍事転用の研究を始めた。マイケル(クリストファー・ウォーケン)はリリアンの「死」を記録したテープに執着し、軍の管理下に置かれたテープの再生を遠隔操作で研究室の設備にアクセスしテープを再生、リリアンの臨死体験から死の世界へと引き込まれる。死の瞬間人はどのような映像を見るのかというのがこの映画のテーマになっています。こんな装置ができたら絶対誰かするだろうと思うことを年老いた研究員の一人が試します。美女とのセックスシーンをエンドレスにして快感もエンドレスになり心臓麻痺になってしまうという悲しい結果に。
映像で参考にしてそうなのがトム・クルーズ主演でスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した作品「マイノリティ・リポート」(2002年公開)や、「デジャヴ」(2006年公開)デンゼルワシントン主演アメリカのSF・サスペンス映画があります。これらの作品では実際にこのような装置ができたらどのようなシステムでどういうデザインになるかを専門家に依頼して研究し映像化しているところは流石です。

映画 秘密 THE TOP Secretのネタバレ・あらすじ情報

映画 秘密 THE TOP Secretのネタバレ・あらすじ情報

「秘密THE TOP Secret」では最先端の科学技術を駆使し、死んだ人間の脳から“過去の記憶を映像化”できるMRIスキャナーが発明された世の中が舞台となり、警察庁の正式機関として認可されていない科学警察研究所法医第九研究室(通称・第九)が事件捜査に同スキャナーを導入したという設定になっています。

舞台は西暦2060年の日本、生田が演じる薪剛は、宇宙ステーション並みの施設を備えエリートだけが集うMRI捜査組織を率いる「科学警察研究所 法医第九研究室」、通称「第九」の室長。天才的頭脳の持ち主で、異例の出世をしているが、毒舌で中々人を寄せ付けない。

33歳なのにどう見ても未成年にしか見えなくて女性って間違われるほどの美貌から殆どのことが許されるという鬼の警視正です。しかも心にトラウマを抱えています。この辺の設定は少女漫画そのもので薪剛を演じるの生田斗真さんへの風当たりが強そうです。ツイートでも「一巻から読み直しているけどやっぱ薪さん麗しい可愛い素敵????

そして、やっぱこれをどう見たら斗真キャスティングになるのか問いたい 斗真好きだけど違うと言った意見多数。原作の薪剛のイラストを見るとこれは宝塚歌劇団の男役がぴったりのように思います。あと予告を見て気になるのは2060年の設定ですがこの時代の服装やセットに未来感が無いような印象を受けました。2060年ならマイノリティ・リポートぐらいの未来像は欲しかったですね。

MRI捜査とは!?

MRI捜査とは!?

この作品の「MRI捜査」とは、作中に登場する架空の科学捜査で死後10時間以内の死体から取り出した脳に強力な磁力による電気刺激を与え、通常では5から10%しか働いていない脳を120%まで働かせ、故人(=「視覚者」)が生前に「見ていた」映像をMRIスキャナーで再現し、それを基に捜査を行う。

捜査対象となる脳は損傷がないことが条件で脳は120%で働かせているので、通常なら存在する「曖昧な記憶」は存在しないが、死体が「見た」映像なので、自分(捜査員)が「見た」ものと同一に見えないのは勿論、通常では目視し得ない幽霊などの「幻覚」でも生前の体が「見て」いれば映し出される。

死後、最大5年前までの記憶を映像化できる。音声が再現されないため、捜査には読唇術が不可欠。屍蝋化した遺体から取り出された60年前の脳から映像を再生することにも成功しています。

貝沼清孝というサイコキラー

貝沼清孝というサイコキラー

この作品のサイコキラー貝沼清孝を演じるのは吉川晃司さんで貝沼は28人の少年を次々と殺害し、留置場内で自らの命を絶ってしまいます。そして貝沼が自殺した日の同時刻9人の自殺者が発生。捜査が進むにつれ、自殺した少年たちは、全員、少年院にいた過去があり、皇室のパレードを見ていたという共通点があった。

薪たちは、少年の一人の脳をMRIにかけたところ、28人殺しをしていた途中の貝沼が自殺した少年たちと関わっていることを知る。その貝沼は薪に対しての異常な愛情表現で薪に養子の似ている美少年ばかりを28通りの方法で殺害します。28通りもあるんですね、こあたりの設定は「セブン」「羊達の沈黙」と似ていますね。

スポンサードリンク

ジョン・ドゥやレクター博士をイメージします。貝沼を演じるのが吉川晃司さんで、本作では「るろうに剣心」に続いての大友監督作品の参加となります。ただどうもイメージと違うような気がします。悪役は一見すると普通に見えるような人が一番怖いんですよね。自殺した貝沼の脳を見た捜査員は皆、自殺をしてしまい唯一生きているのが薪になります。

そして新人の 青木 一行 は犯人や被害者の「秘密」に感情移入してしまうタイプで、「第九」に強い憧れを持って配属されてきます。だが、死者の脳から記憶を辿り、被害者と加害者の「秘密」を暴きだすその仕事は、想像を絶する凄惨なもので事件の捜査を通じ、青木は尊敬する第九室長 薪 剛 が抱え持つ「秘密」とも向き合うことになります。

絶対に暴いてはいけない秘密とは!?

絶対に暴いてはいけない秘密とは!?

そして、青木は、薪と捜査を共にする中、薪が抱えているトラウマや貝沼に関することを知っていき、事件をよく知るべく、薪のトラウマを理解し、貝沼の脳を見たという、亡くなった鈴木の保管されている脳を見る事になります。事件を解決するには、殺した犯人=「秘密」を見なければならないのですが事件に関すること意外も見ることになりそこには、絶対に暴いて晒してはいけなかった「秘密」も混ざってきてしまいます。

薪剛のシゴキに耐えながらも捜査をしていく青木ですが、薪剛にはそれ以上に青木に冷たく当たってしまう理由がありました。それもまた「貝沼事件」と関わってくるのですが、ここで死んでしまった元・相棒の鈴木。この人に青木がそっくりという事実です。

姿などは言うまでもなく、その発言の端々に鈴木と同じ匂いを感じることで薪さんは苦しみます。法医第一研究室の監察医の三好雪子は鈴木の婚約者でもあり薪とは古くからの友人でもあります。雪子先生は死んだ鈴木に似ている青木に密かな恋心を抱くようになります。複雑なのは鈴木がまだ生きているころ、鈴木は雪子先生の想いに気付きます。

雪子先生は実は薪さんに想いを寄せているのですが薪さんは鈴木に想いを寄せていることを女の直感で雪子先生は気付きます。すごい三角関係でこの設定が映画で描かれるかはわかりませんが少女漫画で定番のBLの要素もあり人気になっているようです。

映画 秘密 THE TOP Secretの感想!

映画 秘密 THE TOP Secretの感想!

目を覆いたくなるような、猟奇的事件ばかりですが原作では笑ってしまうようなエピソードも盛り込まれているようでそのあたりも今作ではあまり期待しない方がよさそうです。ですが原作は人気のあるコミックでしたので原作を読んでた方などは非常に気になる映画になってるのではないでしょうか?

原作を読んでる方と読んでない方では、感想も変わってくると思いますがどうぞお楽しみ下さい。

⇩最新の映画を無料で視聴する方法⇩

>>映画を今すぐに無料で視聴する!<<

⇧最新の映画を無料で視聴する方法⇧

いいね!」を押すと映画最新情報から最新情報が届きます!



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る