映画 シンゴジラのフィギアはバンダイから発売?!予約状況について

映画 シンゴジラ フィギア
この記事の所要時間: 640

フィギュアというと美少女フィギュアの市場が一番巨大で毎月予約販売で売りだされたりしています。その美少女フィギュアのモチーフとしていろいろなヒットアニメが使われています。

ここ数年では、魔法少女まどか☆マギカ艦隊・これくしょん -艦これ-・ドラゴンボール・初音ミク・ワンピース・ラブライブなどが人気の漫画でアニメの中での名場面を再現したりして販売されています。

映画 シンゴジラのフィギア発売

映画 シンゴジラのフィギア発売

次は 映画シン・ゴジラの公開を記念して、発売されるアクションフィギュア「S.H.MonsterArtsゴジラ(2016)」11月に発売されるのですが映画の公開は7月29日決定。店頭や通販サイトなどで予約受付が開始されています。このフィギュアは、バンダイが展開する「S.H.MonsterArts」シリーズの新作。「シン・ゴジラ」に登場するゴジラのひな形模型を手がけた竹谷隆之らが、映画で使用した3Dデータをもとに原型を制作した。

史上最大サイズのゴジラ登場

史上最大サイズのゴジラ登場

史上最大サイズとなるゴジラのイメージに合わせて、全高は約18cm、全長は特徴的な尾を含めて約40cm。体だけでなく口部分も可動するので、劇中のさまざまなシーンを再現して楽しむことができるのが凄いところです。衝撃的なゴジラのビジュアルで、話題になった最新作『シン・ゴジラ』。雛形製作を行った竹谷隆之氏らによる原型・彩色によってS.H.MonsterArts化。

シンゴジラの造形・彩色について

史上最大サイズのゴジラ登場

映画で使われた3Dデータを元に、竹谷隆之氏らの手によって造形・彩色。 体表や不均一に生えている歯、爪を細かく再現。広い可動域によりゴジラ(2016)に相応しいポージングが可能に。さらに口は新たな可動機構を取り入れることにより、様々な表情を見せる。サイズ全高約180㎜、全長約400㎜とS.H.MonsterArts ゴジラ史上最大級のボリューム。

アマゾンS.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア

参考価格¥12,960で22%OFF¥10,108

シンゴジラの予約情報や発売情報について

史上最大サイズのゴジラ登場

この商品の発売予定日は2016年11月30日ですただいま予約受付中になっていますアマゾンでは予約段階で22%OFFで勘違いする人がいるかもしれませんがこれは人気がないので早くから値引きしているわけではありません。

予約開始と同時に予約すると「予約商品の価格保証」(変動する予約価格のうち、発売までの最低値が適用されるシステム)によって、だいたいの場合は発売後に普通に買うよりも安い価格で購入出来るシステムです。他に衝動買い出来る価格でのシン・ゴジラのフィギュアもあります

コンビニのくじの場合

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016 価格¥2.490こちらの方は予約まではしなくても十分買えそうです。最近多いのがコンビニでよく販売されている一番くじと呼ばれるものでクジを引いてそこにかかれたアルファベットの商品が貰える仕組みです。

普通にくじで商品を手に入れようと思うと運にたよるしかないのですがどうしても手に入れたい方は大人買いという方法もあります。ただ大抵のくじは一回の価格が高いもので900円前後。シン・ゴジラの一番くじは一回620円でさすがに一等A賞のシン・ゴジラのビッグソフビフィギュアを当てるには、かなりの運か財力が必要になりそうです。そうなるとテンバイヤーの出番となります

転売などで値段が高騰する可能性も・・・

史上最大サイズのゴジラ登場

テンバイヤーとはフィギュア業界で言う転売屋のことで転売ヤーとも表記します。投げ売りされたフィギュアを買い叩き、あるいは予約期間中に買い占めるなどしておいて、製品が市場から消えた後で定価以上の法外な価格で売ってもうけます。

スポンサードリンク

くじ運のない人は多少高くついてもテンバイヤーが出品したネットオークションで買う方が確実で安く上がるかもしれません。これって株の世界ととても良く似ていますね、まあお金のない私は運に賭けてはずれてもあきらめが付く範囲で勝負します。

108㌢級のフィギア登場?!

史上最大サイズのゴジラ登場

バンダイが発売するフィギュアはシン・ゴジラに登場するゴジラのひな形模型を手がけた竹谷隆之らが、映画で使用した3Dデータをもとに原型を制作したという謳い文句が効いているのか180cmのアクションフィギュアがそろそろ予約完売になりそうで予約で25%OFFなら買いというツイートがのったりしています。

私もネットでこのフィギュアの写真を見ましたが確かに凄い迫力で体や口部分も可動するのでいろいろ映画のシーンを再現してたのしめそうです。後は映画がヒットすれば欲しがる人も増えるでしょうが映画を観てからでは予約販売も終了して買えないでしょうね。しかし見れば見るほど怖い顔のゴジラです。

再販などが難しい状況か!?

ここまで書いてきましたがそんなに人気がでるなら追加で造ればいいのにと思うのですがしかし人気が出てしまったからといって、塗り工程など仕上げの大半を手作業で作るフィギュアは、本やCD・DVDと違って、すぐに再販ができません。だいたい数ヶ月かかります。

その間にブームが去ったら目も当てられません。だからといって最初に数を作ると、先に述べたように、期待に反して売れなかったとき、店舗が受ける金銭的ダメージが大きく、それが元で後の受注が取れず、在庫の山を抱えたメーカーが倒産の憂き目に遭うこともあります。

あとフィギュアを作るのに必要な型ですがシリコンや樹脂による型では、数十個の成形で型が痛み製品の精度が落ちてくるので作れる個数が決まってきます。FRP(繊維強化樹脂)による型ならばもう少し長持ちしますが、型のつくりやすさでは樹脂型に劣り、型の価格が高くなると商品の価格を上げないと型代を償却できなくなります。

このように売れてから追加生産するのが難しいので予約販売で確実に売りたいわけです。だからといって事前予約が必ずしもお得とは言えなくて中には予約期間中には予約を早々に締め切るなど品薄感を演出しておいて、いざ発売されると大幅に値引きされて販売される(いわゆる投げ売り)例も出てきたため、これまでの堅実なパターンだった、「とりあえず予約しておく」のも考え直す時期かもしれません。

まとめ

史上最大サイズのゴジラ登場

どの商品が高騰してどの商品が投げ売られるのか?そんなことが分かれば苦労はしませんが、一般的に言って最近の場合だと、キャラ自体や作品の人気よりも、「需要に対する出荷量の多寡」でだいたい決まってしまう印象です。

たとえ人気作品の人気キャラであっても、販売側が作品人気を見込んでたくさん作りすぎれば発売後の市場在庫はダブつき大幅割引は当然、最悪の場合は価格崩壊で投げ売りということもあります。逆に、あまり知名度のないキャラでも、出荷数が少なければ一瞬で店頭から消えて価格高騰というパターンもありえます。

そこでバンダイのシン・ゴジラのフィギュアですが制作内容や映画の話題性(エヴァの庵野秀明監督が総監督)今までにないゴジラのビジュアルデザインと売れる要素は十分あると思いますので興味のある方はすぐの予約をおすすめします。

⇩映画シンゴジラのネタバレ情報について⇩

映画シンゴジラのネタバレを2chから予想する

⇧映画シンゴジラのネタバレ情報について⇧



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る