映画ブルックリンのネタバレ情報!悲しい結末?!

映画 ブルックリン ネタバレ
この記事の所要時間: 78

映画「ブルックリン」ネタバレやあらすじについての記事シアーシャ・ローナン演じるエイリシュは、1950年代の故郷アイルランドから、ニューヨークの下町ブルックリンへ内気な少女が成長していく日々の中、2つの恋と2つの故郷の中で揺れながら選ぶ未来とは!

スポンサードリンク

映画ブルックリンのあらすじとネタバレについて

映画ブルックリンのあらすじとネタバレについて

アイルランドの町で暮らす主人公エイリシュ(シアーシャ・ローナン)は、内気な妹の将来を心配する姉ローズ(フィオナ・グラスコット)の勧めで、アイルランドからニューヨークのブルックリンに渡ることを決意します。

ブルックリンは、ヨーロッパ移民も多い街だから祖国とは変わらないだろうと思っていたエイリシュですが新しい国ニューヨークと祖国アイルランドとのカルチャーショックを受けホームシックに苛まれます。そんな時優しい同郷の神父のフラッド牧師がブルックリン大学の会計士コースの受講をすすめられ、学ぶ喜びを知り少しずつ彼女は前向きになっていきます。

デパートの店員として働きながら夜間学校で学ぶ日々、そんな都会での暮らしに慣れてきたエイリシュは、ダンスパーティーで誠実な配管工のイタリア系移民トニーと出会います。やがてエイリシュは、トニーの家に招待されにぎやかな大家族の歓迎に戸惑いながらも二人の恋仲は急速に深まっていくのですが、そんな彼女に故郷の母親から悲報が届きます。それは愛する姉の死。葬儀のため一時的にアイルランドへ帰らなければならなくなります。

トニーはその帰国の間に彼女の気が変わり、故郷から戻らなくなるのを恐れてプロポーズし、アイルランドに帰る前に二人は結婚します。

アイルランドに帰国したエイリシュは、そこでアイルランド人のお金持ちの御曹司ジムと出会います。アイルランドの静かな海岸でトニーと違いジェントルで伝統的な暮らしを守る紳士的なジムに、彼女は次第にやすらぎを覚えるようになっていきます。2つの運命の間で揺れながら彼女が選ぶ未来は!

ブルックリンの時代背景

ブルックリンの時代背景

それでは題名の、ブルックリンという町がどんな街なのかを簡単に紹介しましょう!この町はニューヨーク市のなかでも最も人口の多い区であり、アメリカ全体の中でも三位の都市です。地域としてのブルックリンの開拓は17世紀から始まります。

最初はインディアンが住んでいたのですが、オランダが入植をし、オランダの地名としてブルーケレンという名前が最初につけられたことが現在の名前の由来とされています。その後、イングランドに征服された後、アメリカ独立戦争があり、1783年にパリ条約が結ばれブルックリンを含めたニューヨーク全土がアメリカとして独立して、現在のブルックリンがあります。また、ブルックリンでは19世紀初頭には都市化が進みました。

19世紀後半まではマンハッタンとの交通手段は蒸気船しかなく、農業地帯も多かったニューヨークですが、ニューヨーク港を効率よく利用できるその立地関係により工業化も進み、都市化していく公共事業ために大量の移民をギリシャ、イタリア、ロシアから引き受けていました。

映画ブルックリンのスタッフ&キャスト

映画ブルックリンのスタッフ&キャスト

本作はイギリスの権威ある文学賞コルム賞を受賞したコルム・トビーン著『ブルックリン』の映画化で、監督には『BOY A』のアイルランド出身のジョン・クローリー。脚本は「17歳の肖像」に続き、本作が2度目のアカデミー賞脚色賞ノミネートになるニック・ホーンビィが女性の心模様を情感豊かに描いています。

主演の少女・エイリッシュを演じるのは、アイルランド出身の女優、シアーシャ・ローナン。この映画「ブルックリン」で第88回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされました。他の出演作に、「グランド・ブタペスト・ホテル」「つぐない」「ラブリーボーン」などがあり私はグランド・ブタペスト・ホテルでの可愛いパティシェを演じたのが印象に残っています。他の共演者には、ジュリー・ウォルターズ「ワンチャンス」「ハリー・ポッター」シリーズ、「パディントン」「リトル・ダンサー」など、ジム・ブロードベント「ウィークエンドはパリで」「マーガレットサッチャー鉄の女」、ドーナル・グリーソン「スターウォーズ/フォースの覚醒」、「不屈の男アンブロークン」など。

スポンサードリンク

スターウォーズでは、ハックス将軍という役柄で出演していました。印象にないなぁ。彼女の相手役となるイタリア系移民の青年を演じたエモリー・コーエンとその家族たちの存在もいいアクセントになっています。アイルランド系社会は繋がりが強いことで有名で、イタリア系移民たちの家族の絆も強い。

互いが故郷を離れてやってきた移民という意識が彼らを繋いでいく過程もとても自然に描かれていました。

映画ブルックリンの感想

映画ブルックリンの感想

映画のタイトルは、ブルックリンですがイギリス映画。主演のシアーシャ・ローナンは、2007年公開の『つぐない』で13歳という史上7番目の若さでアカデミー助演女優賞にノミネートされて注目を集めました。彼女は、94年ニューヨーク生まれで3歳の時にアイルランドに移住し、現在もアイルランドで両親と暮らしているようです。

彼女もインタビューで「今回の役のイメージと見事にリンクしています。自分に重なることが多すぎる役を演じるのは、すごく恐ろしいことだった。まるで鏡に顔を近づけて、怖いのだけれど目を離せないような感じ。映画の撮影中、ずっと感情が昂ぶって涙をいっぱい流していたわ」と語っています。

他には、この映画の見所の一つとして衣装デザインがあります。1950年代の女性フアッションは、スタイリッシュでキュート。シアーシャ・ローナンが最初に渡米する前のアイルランドでの服装は、グリーンのコートで帰国後の服装は、レモンイエローのワンピースに変わります。特にグリーンはこの映画のキー・カラーでエイリシュは、祖国を忘れないようにグリーンのアイリッシュ・カラー身に着けています。グリーンのセーター、グリーンのコート、グリーンのワンピース、グリーンの水着。

このカラー日本人の黒髪には、なかなか合いにくいカラーですがアクセントに使うのは良いかもしれません。映画では、エイリシュがブルックリンでの生活に溶けこむのに合わせて服装も街の色になじんだカラーへと変化していきます。こういった人種や国が描かれる映画では、食事の風景が重要な表現になります。

アイルランド系移民が集まる下宿の食事では、伝統的なワンプレートのアイリッシュフード。食材としては、ジャガイモと乳製品は、欠かせないようです。一方イタリア系移民のトニーの家族とのディナーではマンマが作ったトマトソースのパスタ。大皿がテーブルの真中に置かれて、各自そこから好きなだけ取るスタイル。映画サタデーナイトフィーバーでもトマトソースのパスタが大盛りで登場しソースを口につけて食べるジョン・トラボルタが傑作でした。

この時代には、まだパスタ料理は、イタリア人の間でしか食べられていないようでエイリシュが事前にソース無しでパスタを食べる練習風景も描かれています。音楽では、アイルランド人のホームレスが教会で唄うアイルランド語の歌が印象的でこの歌は、サウンドトラック盤にも収録されているのでiTunesで聞いてみてください。なぜか癒されます。

映画で描かれるエイリシュは、二人の男性と二つの故郷の選択を迫られる岐路に立たされるのですがそれを知らずにブルックリンで待っているトニーは、可哀想だし結婚していることを知らずに惚れてしまうジムも災難です。しかしエイリシュのように一見清楚で天真爛漫なツンデレ系女性に男は弱いですね。

この彼女の行動も女性からすれば誰と生きていくのかによって幸せになれるかどうかの選択、迷うのは当然かもしれませんね。自分が望んだ人生を、決断する姿は、時代を超えて、現代を生きる女性に共感される作品になっていると思います。

いいね!」を押すと映画最新情報から最新情報が届きます!



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る