映画 探偵ミタライの事件簿星籠の海の3分で分かるネタバレ情報!

サムネ65
この記事の所要時間: 433

今回は、2016年6月4日に公開される探偵ミタライの事件簿星籠の海について解説していきたいと思います。この映画は、和製シャーロック・ホームズと称される探偵が趣味の脳科学者「御手洗潔」の活躍を描く映画になっています。

原作は人気小説シリーズの最新作と言う事です。

スポンサードリンク

あのガリレオとはちょっと違う?!

あのガリレオとはちょっと違う?!今回は、星籠の海の海についてなんですが、この記事の冒頭の部分でも説明しましたが、和製シャーロックホームズと言う事で謎解き系の作品になっています。そして主人公は、脳科学者という設定になっています。

皆さんもご存じの通り、あの福山雅治さん演じるガリレオとちょっと設定が似てると思いませんか?ガリレオの場合は、脳科学者ではなく、物理学者という設定です。

設定は似てても内容は大きく違う?!

設定は似てても内容は大きく違う?!ですが、今回の映画は、ガリレオとは設定は、似てるような気がしますが実際のところは、結構違ってるようです。この映画の特徴は、主振興の御手洗潔の推理力がかなり優れてるという点にあります。更に詳しく言うならば、主人公が登場した時点で悩む事なく、謎を解き明かし、解明してしまうレベルです。

ガリレオの場合は、徐々に謎の手がかりを見つけて推理して真相に近づいていくという形ですが、この探偵ミタライの事件簿は、そんな感じではありません。ですので、普段のシリーズの流れでは、普通の人が推したり調査して苦戦してる所に途中から登場して、一瞬で事件を解決していくという流れになります。

映画 星籠の海の海ではちょっと違う!(ネタバレ)

映画 星籠の海の海ではちょっと違う!(ネタバレ)ここからは、少しネタバレ的要素を含みますが、それでも良い方は、読み進めて下さい。普段のシリーズでは、物語の中盤から現れて謎を一瞬にして解いてしまうんですが、星籠の海では違います。どういう事かと言いますと、物語の最初から主人公の御手洗潔が登場するという流れになっています。

それでは、星海の海、本編のネタバレについてご覧下さい。

瀬戸内の小さな島に男の死体が、なんと半年間の間に6体も流れつきました。更に、その死体の身元は不明という怪事件が発生します。そして主人公の御手洗は編集者の小川みゆきから死体の島の話しを聞き、事件に興味を持ち、さっそく瀬戸内に向かいました。

その到着した場所は、日本で唯一、太古の昔から変わる事のなく6時間ごとに、潮の満ち引きが繰り返される時計仕掛けの海だったんです。やがて御手洗は、その死体が、広島県の福山市から流れ着いてる事を突き止めます!

ですが、その後、外国人女性の変死体が見つかったり、滝つぼに目と口をふさがれた、男女が拘束されるなどの事件が次々と起こります。更に御手洗は、江戸時代まで歴史をさかのぼり、複雑に絡み合う事件の真相に迫っていきます!

映画 星籠の海の海の感想

この映画では、最初に説明しましたが、主人公の御手洗が鋭い推理で次々に事件を解決していきます。ですので色んな事件がどんどん解決していき、普通の推理映画とは、また違った面白さが楽しめます。

ですが純粋な推理映画が好きな方には、ちょっと違うのかな?という感想もあります。

星籠の海のロケ地について

星籠の海のロケ地についてそれでは、今度は、星籠の海のロケ地について解説していきたいと思います。映画で既に出てくるのは、瀬戸内と広島県の福山市と言う事ですが、もっと詳しい情報を探してみたいと思います。

機械仕掛けの海は鞆の浦

機械仕掛けの海は鞆の浦映画でも事件のメインの場所の1つになっている6時間毎に潮の満ち引きが変わらない場所のロケ地は、「鞆の浦」という場所になっています。鞆の浦は、広島県の福山市にあります。実際にこの場所は、6時間の周期で潮の満ち引きが繰り返される特殊な場所になっています。

スポンサードリンク

他にも、鞆の浦には、歴史のある場所なんです。古くは、壇ノ浦の戦い、秀吉の朝鮮侵攻などの出来事が起きた場所なんです。実はこの歴史のある産みと言う事なんですが映画の中でも江戸時代までさかのぼるとありましたが、もしかすると、先ほど上げた出来事とも関連づけして出てくる場合も十分に考えられます。

崖の上のポニョでもモデルになった?!

実は、この鞆の浦は、あのジブリの名作「崖の上のポニョ」でも舞台になったと言われています。その事がきっかけで鞆の浦の知名度が一気に跳ね上がったようです。鞆の浦は、潮の満ち引きを待つ船が集まる事から、「潮待ちの港」としても有名なんです。

この辺は、崖の上のポニョでも再現されていましたね。

まとめ

星籠の海どうでしたか?今回の映画では、小さな謎から始まり徐々に大きな謎にターゲットが変わっていきます。最終的には、かなりの昔まで遡り推理をする事になると思いますのでダイナミックな内容になってる思います。

原作は人気のシリーズ物の作品だけに既に多くの期待も集まっているのではないでしょうか?それでは、本編は間もなく公開されますので是非お楽しみ下さい。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る