映画 植物図鑑のネタバレ結末公開!隠された秘密とは?!

映画 植物図鑑 ネタバレ
この記事の所要時間: 912

今回の映画「植物図鑑」は2016年6月4日に公開されます!そこで今回は、植物図鑑の見所やネタバレ、感想などを詳しく紹介していきたいと思います。植物図鑑は恋愛映画なんですが、甘くて、苦くて、そしてもう一度甘い・・・甘い甘い作品になっています。

そして主演を務めるのは、3代目の岩田剛典ことガンちゃんと高畑充希さんが主演を演じる事になっています。この二人は演技力は、もちろんの事ルックスも抜群で作品への期待も大きく高まっています。

スポンサードリンク

映画 植物図鑑のあらすじ情報

映画 植物図鑑のあらすじ情報それでは、映画「植物図鑑」の簡単なあらすじ情報について紹介したいと思います。ごく普通の女の子であるさやか(高畑充希)は、ある日の晩、生き倒れていた青年の(岩田剛典)と出会います。樹と名乗る彼は、自分を犬になぞらせて「拾ってくれないか?」と言い出しました。

こうしてヒョンな事からさやかは、思いがけず、彼と半年間だけの同棲生活をする事になります。樹は、名前と植物がに詳しいと言う事以外は、謎に包まれた彼と一緒に生活するうちに、さやかは少しずつ、恋心を募らせていきます。ですが彼には、秘密があったんです・・・?!

植物図鑑の見所は?!

簡単なあらすじを紹しましたが、かなり甘い作品になってると思います。今回の作品の見所は、なんと言っても主演の二人の甘いやり取りではないでしょうか?そして、もう1つ作品の大きな鍵を握るのは、樹の秘密の部分ですよね?

一体どんな秘密を彼を持っているのか?これから紹介します。映画「植物図鑑」のネタバレ情報では、樹の秘密の部分にも触れていきたいと思います。それでは、引き続きお楽しみ下さい。

映画「植物図鑑」のネタバレ情報

映画「植物図鑑」のネタバレ情報主人公さやかは、普通の20歳代のOL。ある日、会社の飲み会帰りのさやかは、自宅マンションの前で倒れてる男性と遭遇します。倒れてる男性をさやかは見ると「結構なイケメン」と言うだということを思います。

その男性は、運悪くお金も体力も極限状態になり、倒れていました。そんな時に男性はさやかに向かって自分を犬にたとえて「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です。」と言いました。

普通に考えたら意味の分からない発言ですが、さやかは、この言い方がツボにハマってしまい、自宅に泊めてあげる事を決心しました。年頃の女子が見ず知らずの男性を自宅に泊めるのは、普通に考えたら危険な気がしますが、これこそ魔が差したというやつでしょうね♪

皆さんもこんな事が一度は、あった人もいるんではないでしょうか?!

翌朝、さやかが目を覚ますと、男は既に起きていて、冷蔵庫にある物で朝食を作ってくれていました。そして、その朝食を食べたさやかは「美味しい♪」と純粋に思いました。普段はコンビニ弁当ばかりの生活を送っていたので、さやかにとっては、久しぶりのまともな食事でした。

更にここで、さやかは、またしてもの発言をしました・・・お礼を言って出ていこうとした男に向かってさやかは、「ここにいない?」という提案をしてしまったんです。その発言に男性は、困惑していましたが、結局さやかに押し切られて「料理人兼ハウスキーパー」として居座る事になりました。これで普通のOLと謎な男性の不思議な同棲生活が始まる事になりました。

この段階で初めてさやかは、男性に名前を訪ねました。男性は笑いながら「樹(イツキ)」と名乗りました。ですが苗字は、嫌いだから言わないと意味深な発言を残して・・・

樹の家事は本当に完璧で深夜にコンビニのバイトで働きつつ、朝、夜の食に加えてさやかに弁当まで持たせる程でした。更に、若い男女が同じ部屋で生活してるのに、樹は常に紳士的な行動を貫いていました。こうやって考えると樹は、さやかの事を異性として見ていないようでした。

ですが、この事に対してさやか、ちょっと不満を持っていました。正直に言うと、さやかは、結構早い段階から樹の事を男性として意識するようになっていました。まぁ普通に考えれば多少でも好きでも男性と一緒に住もうとは、考えませんよね?

一方樹は、普通にさやかに対して「可愛い」「肌白い」などの言葉を悪気なくかけていました。

ある休日、樹はさやかを散歩に誘う事にしました。ですがさやかは「疲れる~」と渋っていましたが、「ちょっと楽しくてお得な事があるかも♪」と巧みな誘導をします。さやかは、樹に惚れた弱みで散歩をする事にします。この日からさやかと樹は休日に散歩デートをする事になってしまいます。

そして散歩での収穫物は、山菜でした。樹はビックリする位に植物の知識を持っていました。趣味だというカメラで草花の姿を写真で撮りつつ、さやかを目的のポイントに案内しました。最初は、自然に生えてる野草に抵抗がありましたが、結局は、夢中になって、山菜取りに熱中していました。

その日の夜に樹が取ってきた、山菜で作った料理をさやかは「美味しい!」と唸りながら完食しました。

それから二人は、春先から初夏にかけて、山菜採りに出かけるようになります。樹は、毎回山菜についてさやかにレクチャーし、収穫した山菜を料理しました。そしてさやかは、樹の趣味に合わせるように、植物図鑑を購入しました。そしてその図鑑を寝る前に読むのが日課になっていきました。

ですが、さやかは、まだまだ樹について知らない事ばかりです。嫌いだという苗字も何故そこまで植物に詳しいのか?!そして生き倒れになど程の貧乏旅行をしていたのか?さやかにとっては、気になる事ばかりでしたが、その事について聞いてしまうと、今の樹との関係が崩れてしまうと思い聞くことが出来ませんでした。

ですがそんな時に二人の関係を徐々に変えていく出来事が起こります。それは、二人で山菜取りをしてた時です。川辺でさやかが足が川の中に落ちてしまいました。そんな時に樹は、さやかにハンカチを差し出しました。

スポンサードリンク

ですが倹約家の樹には似合わないブランド物のハンカチでした・・・

気になったさやかは「買ったの?」と訪ねました。樹は嘘をつかない性格ですので、「バイト先で貧乏だと哀れまれてもらった」と答えました。さやかは男に貰ったか、女に貰ったか気になりましたが、彼女でもないのに、聞くのを躊躇してしまいました。

ですが、気になったさやかは、樹のバイト先に行く事にしました。すると派手な大学生風の女の子が「クサカベくんさー、ハンカチちゃんと使ってくれてるー?」と言いました。その瞬間に樹は、さやかの存在に気づいてしまったんです。

ですがさやかは、口パクで「帰る」と店を飛び出しました。樹は、さやかを心配して追って来ましたが、さやかは嫉妬から、「女の子に貰ってよかったね」と皮肉を言ってしまいました。ですが樹は、さやかに「深夜に女の子が深夜に外に出るな!」と言い放ちました。

この事がきっかけで二人の関係は微妙な感じになってしまいました。

ハンカチ事件から樹と顔が合わせにくいさやかは、久しぶりに会社の飲み会に参加する事にしました。一次会が終わってさやかが帰ろうとすると同僚の男性がさやかを家まで送ると付いて来ました。何度さやかが断っても会社の同僚は、しつこく付いて来ます。

結局、同僚は、さやかの最寄り駅まで付いて来ました。そんな時に「何やっての?」と樹の声がしました。樹はさやかの同僚に「さやかの知り合いです。彼女は俺が家まで送るので」とすごみました。

帰り際、樹は機嫌が悪かったんですが、さやかは、口を滑らせてしまい、またしても口論になってしまいます。「あたしには嫉妬する筋合いがあるよ!イツキのこと好きだもん」と樹に言ってしまったんです。

ですが、さやかは、我に返って「酔ってるから明日になったら忘れて。でも樹は、何で怒るの?ただの同居人でしょ?」と言いました。すると樹は「あのなぁ!好きになった子に手出さない条件で同居って生殺しだっての」と言いました。

するとさやかは「手・・・出してよ」

「もう止まんねぇぞ!」

足早にさやかを引っ張って家に帰った途端、さやかをベッドに押し倒しました。この日を境に二人の関係は恋人同士に変化して来ました。

ラブラブな生活が続き夏にはさやかの誕生日を二人で祝いました。ですが別れは突然やってきます。ある日さやかが家に帰ると樹の気配は完全に消えていました。そして机には、書き置きがありました。「ごめん。またいつか」さやかは、樹の未練がわかりました。ですがどうする事も出来ないさやかは、泣き続けました・・・

季節は巡り、樹がいなくなり、冬が来て、春が来て、夏が来て、ですが樹は戻って来る事はありませんでした。ですが春から夏にかけての時期は、樹と昔やってた山菜取りをしていました。そんな時に一通の手紙がさやかの元に届きました。

「ごめん。待たなくていいです。」

樹は、昔から嘘がうまくありません。さやかは、さんざん泣き、開き直って樹を待つ事を決心します。そして季節は流れて樹と出会った冬の寒い時期になりました。さやかは家に帰ると、玄関の前で「もう新しい犬は見つかった?」と樹がいました。

さやかは「拾うわけないでしょ!馬鹿!」

映画植物図鑑の結末!隠された秘密とは?!

映画植物図鑑の結末!隠された秘密とは?!

樹はこれまでの事を何度も謝った後に本当の事を話してくれました。自分は日下部樹で有名な生花の家の長男であること、そして跡継ぎが嫌で逃げ出して旅をしていた事。実家の相続権をすべて捨てて帰ってきた事、近所の大学で働く事になった事。誕生日が近い事

そんな樹にさやかは、「誕生日プレゼント何が良い?」と訪ねました。樹は「金はかかんないけど、すごく大それたものが欲しい」

さやかは「一緒に生きていたい」と思いました。「書類一枚で済むなんて安いプレゼントだね」

映画 植物図鑑の感想

映画 植物図鑑の感想どうでしたか?今回の映画では、ひょんな事から一緒に生活する事になった謎の男性の事を好きになってしまい、ですが自分の気持ちを彼に伝える事が出来ず、苦しんで、結ばれて幸せになったと思うと突然に別れがやって来る。ですが最後には、二人は、結ばれてるというストーリー的には、ありがちな展開ですが、今回の映画では、甘くて、甘くて、甘い!という事をテーマに制作されています。

きっとストーリー以上に主演の二人の演技で完成度は、大きく増加すると思います。それでは、もう少しで公開される植物図鑑をお楽しみ下さい。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る