映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末が凄すぎて絶句!

映画 64 ロクヨン ネタバレ 結末
この記事の所要時間: 815

今回は、2016年5月7日に公開されます。「64 ロクヨン」について記事を更新していきたいと思います。現在、映画公開の1週間前なんですが、既に話題を呼んでいる作品です。5月は、他にも多くの映画が公開されますが、1番の注目を集める作品が64になるのではないでしょうか?

そこで今回は、64に関するネタバレ、あらすじ情報を公開していきたいと思います。


スポンサードリンク

⇩最新の人気映画情報⇩

映画64 ロクヨンは2部作で制作!

映画 ロクヨン

今回、公開される映画ロクヨンは2部作の全編と後編で制作される事になりました。横山秀夫のベストセラー作品なだけあり、かなり面白い内容になってる事が伺えます。そして後編は2016年6月11日に公開される事になっています。

全編公開から約1か月後という事ですね。

映画 64 ロクヨンのあらすじ情報

それでは、さっそく映画ロクヨンのあらすじについて紹介していきたいと思います。今回の64は、ミステリー作品に分類されていて、日本の歴史の中でも、わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未だ未解決事件になってる少女誘拐殺人事件に挑む刑事とその取り巻く人々が描かれた作品になっています。

このような刑事作品は、映画の中でも人気の作品ですが今回の映画は昭和の未解決事件と言う事で多くの謎を残してる内容なだけに他の作品とは、また違った独特の世界観を演出されてるのではないでしょうか?

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

わずか7日間で幕を閉じる事になった、昭和64年・・・その7日間という短い期間の中で少女が誘拐されて殺害されるという悲惨な事件が起こってしまいました。そしてその事件の事を刑事達の間では「ロクヨン」と呼ばれていました。

更に、少女の死亡は未解決のままという県警最大の汚点を残して14年の月日が過ぎ去ってしまいました。時効まで残す所1年・・・

舞台は、平成14年の事です。当時「ロクヨン」の捜査にあたっていました刑事、三上義信は、警務部広報室に広報官として移動する事になりました。ですが三上は、時効が迫ったロクヨン解決の為に動き出しますが、そこには色んな障害が立ちはだかる事になります。

記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢・・・そんな中でロクヨンを思い出せるかのような新たな誘拐事件が発生してしまいました。

記者会見失敗

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

三上広報官は警察庁長官が1週間後にD県警に視察に来て「ロクヨン」で亡くなった雨宮祥子の父親、雨宮芳男に会い、記者会見をするための準備に取り掛かっていました。ですがここである事が発生してしまいます。

それは、記者クラブが警察庁長官の記者会見をボイコットすると表明したんです。更に雨宮芳男は、警察庁長官との面会する事を拒絶したんです。

広がる不信感

こんな事態になってしまい警察内部でも不穏な動きが一気に加速する事になります。そして警察庁長官が来る本来の目的は、雨宮祥子の父親、雨宮芳男に慰問の場でロクヨン事件を「未解決」のままの県警の不手際のわびがメインだったんです。

刑事部長を更迭して警察庁からの派遣人事に発表をするところだったんです。ですが県警刑事部長のポストを東京が奪って、直接指揮するという権力闘争が絡んで来てこのような事態に発展してしまいました。

そして、この警察庁長官が来る真の目的を知った刑事部が三上広報官が準備する今回の慰問を阻止しようと動き出して刑事部は刑務部の起こした警察内部の不祥事をマスコミに流出させたんです。

困惑する三上

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

三上広報官は内部と外部の厳しい状況の中で自分の職務である警察庁長官の慰問の実施に向けて全力を振り絞ります。今は広報官ですが三上は以前、刑事だったんです。この何とも言えない状況の中で三上は完全に疲れ果てていました。

更に、高校の頃の剣道部の後輩の二渡が警察官として上司になっていたんです。これは、どの仕事でもそうですが以前は自分の方が上の立場になっていたのに、久しぶりに再会した時に立場が逆転してるとかなり「やりずらく」なります。

プライドの高い男性は特にですが、この状況はかなりしんどいと思います。

真田メモとは?!

そして、三上の上司の二渡がロクヨン事件に関わっていた人間に対して、怪しい動きをしてる事に気づきます。これは、一体どういう事なのか?と三上が調べてみると、二渡は、口止めを行ってるようでした。このロクヨン事件の口止め・・・

必ず何か大事な事が隠されている・・・と三上は、調査を開始する事にします。この時に出て来た言葉が「真田メモ」だったんです。

警察が起こした痛恨のミス

警察は、このロクヨン事件で痛恨の、ミスを犯していました。その隠蔽工作、そして関係者の口を塞ごうと暗躍する元後輩で現在上司の二渡・・・県警の上層部を潰すために、そしてこのロクヨン事件のミスを白紙に戻そうと必死に警察庁長官側と県警刑事部の戦い!

三上は、この状況の中で更に悪化する一方ですが、自分の仕事を全うする為に、頑張ります。記者クラブとの関係もなんとか良好になり、警察庁長官の慰問のスケジュールを確定させる事に成功しました。

ですがその前日に新たな事件が発生してしまいます。

64 ロクヨン事件が蘇る

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

こんな状況の中でまたも悲劇が起こってしまいました。それは事件の勃発です。更にこの事件は14年前の未解決事件を模範してるかのような内容だったんです。犯人は、誘拐した少女の父親、目崎正人にロクヨン事件時と同じ同額の2000万を持ってくるように要求します。

燃える2000万

ですが犯人は、目崎正人が持ってきた2000万をその場で燃やすように指示しました・・・そしてこの大金は炎に包まれてしまいます。犯人のこの行動には、一体どのような意味が込められているのでしょうか?

実は、今回の犯人は、過去のロクヨン事件の犯人とは別の人間だったんです。

二つのロクヨン事件?!

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

今回のロクヨン事件と14年前に起きた64事件。なんと今回の犯人は14年前の被害者の父親の雨宮芳男だったんです。そして2000万円を持ってきた目崎正人こそが、14年前にロクヨン事件を起こし、未だ逮捕されていない犯人だったんです。

雨宮芳男は、かつてロクヨン事件のをきっかけに警察をおわれた元刑事の・真田一樹と組んで64事件の再現を計画しました。このターゲットとなるのは、勿論かつての真犯人です。誘拐したと言った目崎の娘は実は誘拐さえていなく、まだ家に帰っていないだけでした。2002年、ロクヨン事件が起きた14年後の再ロクヨン事件は、目崎をはめるための狂言だったんです。

警察の一部は知っていた

この雨宮と真田が行った狂言については、警察の一部の人間は知っていました。この事を知りながら、雨宮を泳がせて、目崎を逮捕したんです。被害者の少女の父親は14年たっても解決しなかった「64 ロクヨン」事件を警察に変わって解決してしまったんです。

スポンサードリンク

そして過去に奪われた2000万も燃やさせて仕返しを果たしました。

雨宮はなぜ犯人を見つける事が出来たのか?!

警察が14年かかっても事件を解決する事が出来なかったんですが、なぜ雨宮は、犯人を見つける事が出来たのでしょうか?これは、雨宮の犯人に対する執念が生んだんです。雨宮は14年前の誘拐事件の時に、犯人から、かかってきた電話の事をおぼろげながら覚えていました・・・

そして、雨宮は警察では、事件を解決してくれないと思い、自分で犯人を探す事に。この時に使ったのが電話帳です。雨宮は事件当時の犯人の声を思い出しながら「あ行~ま行」に行くまで無言電話をかけ続けました。

こうやって14年月日が経過しましたが、犯人の目崎に辿り着く事が出来たんです。雨宮は、日崎の声を聞いた瞬間に「こいつが犯人だ!」と直観しました!そして今回発生して狂言誘拐事件を実行に移したんです。

真田メモの真相

そして三上が調べる内にキーワードとなった「真田メモ」の真相とは、一体何だったんでしょうか?これはD県警の不祥事の事だったんです。過去のロクヨン事件の当日、警察は犯人からの3回目の電話の録音に失敗してしまいました。

そして警察は、この事実をもみ消す事にしました。ですが真田はこの「もみ消し」に反対し失敗を公表しようとしていたんですが辞職する事になってしまいました。そして14年の月日が経過してしまいましたが、雨宮に協力して犯人を捕まえる事に成功しました。

映画 64  ロクヨンの感想

映画 64 ロクヨンのネタバレ情報!結末は驚愕の展開に

どうでしたか?今回の映画は、かなりのボリュームがありストーリー展開についても一つの謎が解ける事でどんどん謎が明らかになっていきました。小説でもベストセラーになりドラマでもヒットし、今回の映画でもロクヨンは世間の注目を集める事間違いなしだと思います。

更に今回の映画ではキャストもかなり豪華なメンバーで挑まれています。是非皆さんも64 ロクヨンを観に行ってはいかがでしょうか?

⇩最新の人気映画情報⇩


>>最新の映画を無料で視聴する<<

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

    • 平川ねこ
    • 2016年 6月 07日

    後編の試写を見ました。物凄く期待して見ました…
    なのにえっ!って感じです。雨宮が犯人を見つけたのはまあ良いとして警察が時効直前になぜ目崎が犯人だと分かったのでしょうか?
    そんなシーンありました?
    捜査車両に乗り込んだ三上も全く知らなくてでもその捜査車両は64の捜査を指揮してたなんて~
    目崎が犯人だと分かったのはいつ?
    そこが全く分からなくて肩透かしなラストと思った私は大事な所を見落としたのでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る