オートマタ映画 ネタバレ情報!果たして評価は!?

オートマタ 映画 ネタバレ
この記事の所要時間: 350

SF映画の中でも人気のジャンル、ロボットと人間の今後の未来を描いた作品「オートマタ」今回の作品は、オートマタと呼ばれる人工知能人型ロボットが人間社会に定着した近未来の地球を舞台にした作品です。

ロボットと人間の映画は、これまでも数多く作られてきましたが、今回のオートマタは、どのような作品になってるのでしょうか?この記事では、オートマタのあらすじ情報やネタバレ情報!そして見所などを詳しく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

映画 オートマタのあらすじ情報

映画 オートマタのあらすじ情報オートマタと呼ばれる人型ロボットが人間社会に定着した近未来のお話しです。改造されたオートマタとこのオートマタに改造を施した首謀者を追う男の戦いを描いた作品になっています。ロボット系に映画は、これまでたくさん作られていますが、今回のオートマタは、他のロボット映画と差別化を図る事が出来ているのでしょうか?

その辺の感想も最後の方で述べたいと思います。

映画 オートマタのネタバレ情報

映画 オートマタのネタバレ情報2044年、今から少し近未来のお話しです。太陽風の増加によって、砂漠化が進んだ地球。人類が滅亡の危機を迎える中、二つの制御機能が組み込まれた人口知能ロボットと人間は共存していた。

オートマタ 二つの制御機能

その二つの制御機能とは・・・

  • 生命体に危害を加えてはいけない
  • ロボット自身で、修理・修繕をしてはけない

この二つの機能です。このロボットの名前は「オートマタ」と言って人間に変わる労働力として、地球の砂漠化を防ぐために、巨大防御壁の建設や機械式の雲を作っていました。そんなある日、オートマタを製造、管理していたハイテク企業に勤める調査員のジャックがある存在を知ってしまいます。

ジャックがこの事を発見した事で今後の人間の運命は大きく変わろうとしていました。その発見とはいったい!?

ジャックが発見した事実とは!?

ジャックが発見した事実とは!?

ジャックが見つけた物はと言いますと、絶対に変更不可能とされていた、制御機能が破られた改造ロボットの存在を発見したんです。この制御機能がないという事は、オートマタは人間に危害を加える事も十分に考えられますし、自分達で自分の体を修理する事も可能になってきます!

スポンサードリンク

更に修理だけでも厄介なんですがロボットが他の仲間のロボットを改造する危険性もあります。

全てを操る首謀者の存在

ジャックが発見した事実とは!?

ですが、これには、一つ大きな疑問が残ります!それは、オートマタには、制御機能が全てに搭載されていたんです。この状態ならばオートマタの制御機能が破られる事は不可能なんです!という事は、この事件にかかわった首謀者は、人間という事になります!

ジャックは、この首謀者を見つける戦いが始まります。

ですがここでまた大きな変化が訪れる事に・・・やがてロボットは覚醒して、心を持つようになります。一方人間は、モラルが崩壊し、地球には、人工知能の時代が始まろうとしていたんです。

オートマタの評価 感想まとめ

オートマタの評価 感想まとめそれでは、実際に映画を見た人の感想や評価を見ていきたいと思います。このオートマタは皆さんもご存知のようにSF映画の中では王道の人間とロボットの戦いを描いた作品になっています。実際このような作品で有名な物はアイロボットや昨年上映されたチャッピーなどがあります。

そして感想を述べてる人の中には、あの二つの作品よりは、面白くない、クオリティーが低い言う意見がありました。そして作品全体を通しての事なんですが進み具合がダラダラしていて見てて飽きるという意見も頂いております。

この辺の感想は、個人の価値観を多く取り入れていますので、そこはご理解下さい!

ですが逆に見所の部分も存在します。それは物語の結末なんですが、ありきたりの結末になる事を予想しながら見ていたみたいですが結末の部分は今までに見た事のないような終わり方で満足してる。という意見も多く挙げられていました。

まとめ

オートマタ 映画 ネタバレどうでしたか?今回のオートマタは、王道のロボット映画なんですが結末、映画の終わり方に何かある映画という事みたいですね。この気になるラストの部分は、是非映画館で見て下さい!当サイトでは、最新の映画情報なども日々情報を発信していますので気になる記事がございましたら是非ご覧下さい。

>>最新の映画を無料で見る方法<<

関連記事
ヘイトフルエイトのネタバレ情報!とR指定の詳細
星ガ丘ワンダーランド ネタバレ情報!結末はどうなる!?
映画オデッセイのタイトルの意味とエンディングの音楽(曲)に注目集まる

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る