キャロル映画ネタバレ情報とケイトの演技に絶賛の声

映画 キャロル感想
この記事の所要時間: 352

今回は、キャロルという映画のネタバレあらすじ情報について記事を更新していきます。この映画は、カンヌでも絶賛される程の映画で海外では、かなり話題になってる作品です。日本でも2016年2月11日に放映が開始されますが、かなりの人気作品になる事間違いなしです!

そこで映画キャロルの簡単なあらすじネタバレ情報を一足先に皆さまにお届けしたいと思います。

スポンサードリンク

映画 キャロルのあらすじ

映画 キャロルのあらすじ

この映画は、既婚者女性の恋愛を描いた本当のラブストーリーになっています。主人公の女性は結婚して子供を授かっていますが、本当の愛について悩む事がありました。ですがそんな女性が本当の愛を知る事になります・・・

その女性が恋した人物とは一体・・・!?

普通のラブストーリーではない!でもこんな純愛見た事ない!という素晴らしい作品になっています。

映画 キャロルのネタバレ情報

1952年「クリスマス」まじかのマンハッタンでデパートのおもちゃ売り場でアルバイトとして働いていたテレーズ・べリベット(ルーニー・マーラー)は、写真家になる夢を抱いています。ある日キャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)という中年の女性が娘のために、電車のおもちゃを買いに来ました。

美しいキャロル

映画 キャロルのネタバレ

そこでテレーズは、キャロルの持つ、特別な華やかな雰囲気に自然と目を奪われました。そしてテレーズは、そのままキャロルから目を離せずにいました。その視線に気づいたキャロルは、故意に手袋をカウンターの上に忘れていきました。

キャロルのこの行動には一体どんな意味があったのでしょうか?初対面の相手から見つけられてる事に気づいたキャロルは、わざと手袋を忘れていったんですが、この行動にはどんな意味があるのか?そしてこの手袋をキャロルが置いて行った事で運命の歯車は、大きく動き出します。

テレーズは、キャロルが、店を出た後、彼女が手袋を忘れていった事に気が付きます。そしてニュージャージーの彼女の自宅に届くように手袋を送りました。

夫との離婚問題

夫との離婚問題

一方でキャロルは、夫ハージーとの離婚問題に手こずっていました。その離婚問題の内容は、娘リンディの養育費の関係です。そんな精神的な時期にテレーズが送った手袋が届けられました。

スポンサードリンク

この時、キャロルは、そんな些細な事にでも相手の事を思いやる事の出来るテレーズの優しさに心が温かくなりました。そこでキャロルは、ランチにテレーズを招待する事にします。この事がきっかけでテレーズとキャロルは、交友関係を結ぶようになるんです。

キャロルが離婚問題でもめてる状況でテレーズとの交友関係が始まりました。この二人の関係は今後どのような変化を見せてくれるのでしょうか?そしてデパートのアルバイトの店員とそこに買い物に来た美しい妖艶な中年女性!この二人の関係が始まる事をキャロルは予想していたのでしょうか?

キャロルに夢中になるテレーズ

キャロルに夢中になるテレーズ

テレーズはキャロルからどんどん目が離せなくなりました。遠くからクリスマスツリーを買う姿を写真に撮ったりしていました。

夫ハージーは、以前キャロルが、親友のアビーと逢引をした事があった為にテレーズとの関係に疑いを持つようになります。そんな状況の中でキャロルとテレーズは旅行に出かける事になります・・・

逢引とは、男女が人目を避けて密会する事を指します!今回の場合は、女性同士なんですが、逢引には「人目を避けて」というニュアンスが含まれる事があります。という事は、旦那のハージーは、女性同士の恋愛を疑ってるという事なんです。

映画キャロルの感想

映画 キャロル感想

この映画では、二人の事を「レズビアン」という表現は一切使用されていません!この二人の関係は、本当の愛だと感じる人もかなりいるようで、二人の恋愛の様子だけではなく映画としての、クオリティーもかなり高いと絶賛されています。

そしてこの映画の結末にも、かなり高評価を得ています。映画で重要なのは、中身は当たり前に重要なんですが、ハッピーエンドで終わるかバッドエンドで終わらせるか・・・この辺が映画の95%を占めると言っても過言ではないと思います。

ですがこのキャロルという映画はその、エンディングの終わり方も「素晴らしい!」と言われているんです。

日本では来月公開という事ですが、必ず観て損はしない作品になってると思います!

関連記事
パディントン映画のネタバレ 感想といつまでやってるかについて
オデッセイ映画ネタバレ&感想まとめ
映画ブラックスキャンダルは実話だった!驚愕の内容は!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る